トップページへ戻る学習院大学ドイツ文学会 > 会則
研究論集編集委員からめじろだより

会則

(名称)

第1条 本学会は学習院大学ドイツ文学会と称する

(目的)

第2条 本学会はドイツ文学、ドイツ語学、 ドイツ語圏文化などに関する研究の促進および会員間の交流をはかることを目的とする

(事業)

第3条 本学会は第2条の目的を達成するために次の事業を行う
1 毎年1回総会および研究発表会を行う
2 毎年1回機関誌を刊行する
3 随時、研究会、講演会などを行う

(会員)

第4条 本学会は次の会員で組織する
本学ドイツ語圏文化学科並びに外国語教育研究センター(ドイツ語) の教授、准教授、講師、助教およびドイツ語圏文化学科副手

2 本学ドイツ語圏文化学科学生(ドイツ文学科学生を含む)及びドイツ文学専攻大学院生・研究生、並びに、科目等履修生のうちの希望者
3 本学ドイツ語圏文化学科非常勤教職員、旧教職員および卒業生の有志
4 本学会の趣旨に賛同し、学会委員会の承認を得た者
5 本学会の趣旨に賛同し、事業達成のために特別の援助を行う者は学会委員会の承認を経て賛助会員となることができる

(会長、学会委員)

第5条 本学会は第3条の事業を行うために会長および学会委員をおく
1 会長1名は学会委員の互選により、任期は2年とし再任を妨げない
2 学会委員は本学のドイツ語圏文化学科、並びに外国語教育研究センター(ドイツ語)の専任教員(教授、准教授、講師および助教)が担当する

(委員会)

第6条 本学会には学会委員会、編集委員会および庶務委員会をおく
1 学会委員会は、学会委員全員及び庶務委員会の代表によって構成される
2 編集委員会は学会委員の互選および委嘱からなる若干名により構成される
3 編集委員長は学会委員の互選による
4 編集委員長および委員の任期は1年とし再任を妨げない
5 庶務委員会は、大学院生・研究生全員および科目等履修生の希望者・学部生の代表からなり、本学会の運営・ 機関紙の発行に関わる業務全般を行う
6 庶務委員長は庶務委員の互選による
7 編集委員会は、機関紙の編集方針の決定・投稿論文の選考等の業務を行う
8 委員会の細則については別途定める

(会計、会計監査)

第7条 本学会は会計および会計監査をおく
1 会計は学会委員の互選または委嘱により1名を選任する
2 会計監査は2名を総会において選任する

(総会)

第8条 通常総会は毎年1回会長がこれを召集する
1 総会は次の事項について審議決定する
(1) 会計監査の選任
(2) 決算の承認・予算の審議
(3) その他重要事項
2 総会の議事は特に定めのない限り出席した会員の過半数をもって決する

(会費)

第9条 本学会の年会費は別に定める
1 年会費の変更は、学会委員会での審議を経たのち、総会で決定する

(事務局)

第10条 本学会の事務局は学習院大学ドイツ語圏文化学科事務室におく

(会則の変更)

第11条 本学会の会則の変更は、学会委員会での審議を経たのち、総会で決定する

附則

2009年11月7日改訂


会費

 
ドイツ語圏文化学科学生(ドイツ文学科学生を含む) 2,000円
ドイツ文学専攻大学院生・研究生、ならびに、科目等履修生のうちの希望者 3,000円
ドイツ文学科およびドイツ語圏文化学科卒業生 3,000円
ドイツ語圏文化学科非常勤教職員 3,000円
ドイツ文学科旧教職員 3,000円
賛同者 3,000円
ドイツ語圏文化学科副手3,000円
ドイツ語圏文化学科助教 3,000円
ドイツ語圏文化学科並びに外国語教育研究センター(ドイツ語)専任教員 10,000円
賛助会員 10,000円 以上

ページトップへ