教員紹介

鶴間 和幸 教授

鶴間 和幸 教授
TSURUMA, Kazuyuki
東洋古代史

■略歴

1950年生まれ
1974年 東京教育大学文学部史学科東洋史学専攻卒業
1980年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学
1980年4月〜81年3月 日本学術振興会奨励研究員
1981年 茨城大学教養部講師
1982年 同助教授
1985年4月〜86年1月 中国社会科学院歴史研究所外国人研究員
1994年〜96年 茨城大学教養部教授
1996年 学習院大学文学部教授
1998年 博士(文学)取得

■研究テーマ・分野

○中国古代帝国(秦漢帝国)の形成と地域
○秦始皇帝と兵馬俑
○東アジア海文明の歴史と環境

[近年の主要講義・演習]

東洋史概説:中国の国家と社会
東洋史特殊講義:始皇帝
東洋史演習:『史記』始皇帝本紀講読
東洋史演習(大学院):秦漢竹簡史料の比較研究

■主要業績

【著書】
1996年 『秦漢帝国へのアプローチ』 山川出版社
2001年 『始皇帝の地下帝国』 講談社
『秦の始皇帝ー伝説と史実のはざま』 吉川弘文館
2004年 『始皇帝陵と兵馬俑』 講談社学術文庫
『ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国』 講談社
2013年 『秦帝国の形成と地域』汲古書院
 
【編著】
1998年 『岩波講座世界歴史3 中華の形成と東方世界』 岩波書店
2000年 『四大文明 中国』 NHK出版
『辺境から中華へ"帝国秦への道"秦の始皇帝と兵馬俑展』 共同通信社
2004年 『よみがえる四川文明』 共同通信社
『大兵馬俑展』 産経新聞社
2005年 『中国世界遺産の旅2中原とシルクロード』 講談社
2006年 『始皇帝と彩色兵馬俑展 司馬遷『史記』の世界』 TBS
2007年 『黄河下流域の歴史と環境』 東方書店
2010年 『東アジア海をめぐる交流の歴史的展開』東方書店
2013年

『東アジア海文明の歴史と環境』東方書店

『宇宙と地下からのメッセージ〜秦始皇帝陵とその自然環境』DーCODE

 
【共著】
2003年 『世界歴史大系中国史1』 山川出版社、
2006年 『世界歴史の旅 中国古代文明』 山川出版社、
 
【翻訳】
1990年
蘇暁康編 『黄河文明への挽歌−「河殤」と「河殤」論』 学生社
 
【研究論文】
1978年 「漢代豪族の地域的性格」 『史学雑誌』第87編第12号
1980年 「漢律における墳丘規定について」 『東洋文化』60
「秦漢期の水利法と在地農業経営」 『歴史学研究別冊特集−1980年度歴史学研究会大会報告』
「漢代における関東・江淮豪族と関中徙民」 『中嶋敏先生古希記念論集』上巻
1982年 「天心の中国認識−『支那南北の区別』をめぐって」『茨城大学五浦美術文化研究所報』第9号
1984年 「中国古代の水系と地域権力」 『佐藤博士退官記念中国水利史論叢』
1986年 「秦帝国の形成と地域−始皇帝の虚像を超えて」『歴史と地理』372 山川出版社
1987年 「漢代皇帝陵・陵邑・成国渠調査記(1)−皇帝陵の位置の比定と形式分類」『茨城大学教養部紀要』第19号
「章水渠・都江堰・鄭国渠を訪ねて−秦帝国の形成と戦国期の三大水利事業」『中国水利史研究』第17号
1989年 「漢代皇帝陵・陵邑・成国渠調査記−陵墓・陵邑空間と潅漑区の関係−」『古代文化』第41巻第3号
1991年 「秦漢比較都城論−秦咸陽・漢長安城の建設プランの継承」『茨城大学教養部紀要』第23号
1992年 「古代中華帝国の統一法と地域−秦帝国の法の統一とその虚構性−」『史潮』第30号
「秦帝国による道路網の統一と交通法」池田温編 『中国礼法と日本律令制』東方書店
1993年 「秦帝国の形成と東方世界−始皇帝の東方巡狩経路の調査をふまえて」『茨城大学教養部紀要』第25号
「長久保赤水と中国歴史地図の編纂」(共著)『五浦論叢』(茨城大学五浦美術文化研究所紀要)第1号
1994年 「秦始皇帝諸伝説の成立と史実−泗水周鼎引き上げ失敗伝説と荊軻秦王暗殺未遂伝説−」 『茨城大学教養部紀要』第26号
1995年 「古代巴蜀の治水伝説の舞台とその背景−蜀開明から秦李冰へ」『中国水利史の研究』 国書刊行会
「秦始皇帝陵建設の時代−戦国・統一・対外戦争・内乱」『東洋史研究』第53巻第4号
「秦楚の争覇と中国の統一−秦と楚・越の戦争の背景」『日中文化研究』第7号
「漢代における秦王朝史観の変遷−賈誼『過秦論』,司馬遷『秦始皇本紀』を中心として」『茨城大学教養部紀要』第29号
「司馬遷の時代と始皇帝−秦始皇本紀編纂の歴史的背景−」『東洋学報』第77巻第1・2号
1996年 「秦始皇帝の東方巡狩刻石に見る虚構性」『茨城大学教養部紀要』第30号
1997年 「秦長城建設とその歴史的背景」 『学習院史学』第35号
1999年 「秦始皇帝長城伝説とその舞台」『東洋文化研究』第1号
2000年 「中国文明への新しい視点」『四大文明中国』NHK出版(92〜128頁)
2001年 「文明と自然と歴史学−中国古代史へのアプローチ」『歴史遊学−史料を読む』山川出版社
2002年 「王権と農業支配−古代中国」『岩波講座天皇と王権を考える』第3巻岩波書店
2003年 「漢と西域とローマ」『文明の道3海と陸のシルクロード』NHK出版
2006年 「秦始皇帝研究の最前線」『史鏡』第52号
2012年 「秦都咸陽與秦始皇陵」『一統天下:秦始皇帝的永恒国度国際学術研討会論文集』香港歴史博物館
2013年

「東アジア海文明と環境への認識」『東アジア海文明の歴史と環境』東方書店

「秦帝国の水利と自然」『中国21中国水利史』東方書店

 

■自己紹介

 私の現在進めている仕事は、史上最初に中国という世界を統一した秦漢帝国の歴史を、地域に視点をおいて見直そうというものです。今から二千二百年前に、巨大な帝国が作られましたが、教科書に書いてあるようには統一事業は簡単ではありませんでした。秦始皇帝のときに、文字・度量衡・貨幣・郡県制などが一律化したと言われていますが、実際には複雑な地方の社会の特殊性を残したままの政治的な統合でした。私の研究では、その統一のあり方を、中国各地で発見された出土資料を、既存の文献と照らし合わせながら考察しています。そしてまた実践しているのは、実際の中国でのフィールド調査をふまえて、統一権力の実態を下からさぐっていく方法です。
  私の研究室では、2005年から2010年まで、アジア研究教育拠点事業「東アジア海文明の歴史と環境」というプロジェクトを進めました。中国の復旦大学歴史地理中心と韓国の慶北大学校師範大学と学習院大学とが共同で研究に取り組みました。私たちは古代から東アジアという世界で歴史を作ってきましたが、近代になって大切なことを忘れ、海の国境に線引きをしてしまいました。いまいちど交流の舞台であった海に視点を置いて歴史を見直そうとしました。これまで黄土高原や黄河下流域の現地調査を進めてきましたが、いよいよ黄河や長江という大河が注ぎ込む東の海に行き着きました。渤海・黄海・東海(東シナ海)・日本海(韓国では東海)など名称の違いを超えて、東アジア海文明という概念を設定しました。お互いに異なる文化の違いを大きな文明のなかで歴史や文化を見直していきたいのです。お互いに同質だと考えると相手を誤解してしまいます。文化の違いの認識から出発し、共有すべき文明をさぐってみたいのです。
 あちこちと飛び回りながら、いろいろなテーマと取り組むのが好きです。ときには95年1月17日に企画した始皇帝シンポジウムのために,神戸でまさに当日大震災に遭遇し、眼前の惨事に人間の作りあげた都市文明の脆弱さを実感するような巡りあわせもありました。古代といっても、現実から閉ざされたロマンの世界ではありません。いまを生きている私たちが、過去の社会を見ていくことが、歴史にとってもっとも重要なことです。現代社会への関心が、古代への理解につながるでしょうし、結局は古代への関心は、現代社会を理解することになるのです。

【私のゼミ(学部)で学ぼうとする皆さんへ】

 中国古代史は時空を超えて壮大な世界を遊べる学問である一方、やはり丹念に古代中国語の史料との格闘が求められます。どのような学問にも苦なくして楽はありません。さらに中国古代史には歴史の舞台空間を踏査する強靱な肉体も必要となってきます。一年目に中国語と史学概説、二年で史料講読、ここで手を抜いた学生には、自分の興味ある研究テーマを求めるのは難しいでしょう。中国の大陸の遺跡を実際に踏破できなくても、東京にある中国古代の文物を求めて美術館を端から踏破するくらいの意欲ある学生を求めています。
  東京国立博物館の東洋館には、中国古代の青銅器、陶磁器、仏教彫刻、画像石など中国古代文物の宝庫です。だまされたと思って何回か通ってみて下さい。1回目は全体を見て中国史の概説を学べます。2回目はもっとも関心のある展示を重点的に鑑賞してみて下さい。3回目は自分のテーマをもって専門的な調査のつもりで臨んでみて下さい。4回目には何か発見があるはずです。発見があったら、あなたはもう歴史学のおもしろさを体験しているのです。学問には手順と、関心が必要なことに気づくでしょう。概説、講義、演習そして卒論という過程は、博物館での体験と同じでしょう。

【私のゼミ(大学院)で学ぼうとする皆さんへ】

  私の大学院の東洋古代史ゼミには学習院大学の学部出身者もいれば他大学の出身者もいます。私の専門が秦漢を中心とする中国古代史ですから、中国古代史を学びたい学生が集まってきます。卒業論文はとにかく自分で好きに選んだテーマで書き上げてきます。しかし大学院の場合は少し考え方を変える必要があります。修士論文では学界でも通用する論文が求められます。好きなテーマがそのまま通用するとはかぎりません。これまでどのような研究が行われてきたのか、いわゆる研究史をしっかりおさえておくことが必要です。その上で何が書けるのか。そこではオリジナル性や創造力が求められます。史料を読み込んで新しいことをいう、これはそれほど難しいことではありません。難しいことは、その時代を新しい視点で描いていくというオリジナル性です。歴史学ではまずしっかりと史料を読める力はもっとも必要なことです。しかしさらにその時代全体を読めるような創造性ある感性が必要です。その感性は、人間として自分が生きている時代をしっかりと捉えられることによってしか獲得できません。それを歴史力と名付けておきましょう。
 大学院への進学は、将来のことを考えると学生にとっては大きな決断です。でも歴史学を学び、歴史学の論文を書くことが、新しい時代を生きていくことにつながると考えられたときに、大学院への進学は意義あるものになるのではないでしょうか。
  私のゼミでは、いろいろな共同の作業を体験してもらっています。展覧会の開催はこれまで、四大文明展、大兵馬俑展、四川文明展などを手がけ、大学院生にも準備に参加してもらいました。モノを展示して、モノに歴史を語らせる体験は価値あるものです。また共同の研究プロジェクトでも黄土高原・秦嶺山脈・黄河下流を実地踏査し、「東アジア海文明の歴史と環境」という大きなプロジェクトでは、運河・海港・黄河下流・日本海沿岸の調査に参加してもらいました。そのなかでみずからの歴史力を鍛えることができます。 
Key words: Qin-Han Dynasty, the First Emperor, the East Asian Ocean


close