哲学科案内

 

哲学科の歴史

 学習院大学の文学部は、それまでの文政学部から独立して、1952年に発足しています。 発足当時は、哲学科と文学科の2学科しかなかったので、本学科は文学部の全学科の中でももっとも古い一貫した歴史をもっていることになります。哲学と思想史の分野については、歴代の優れた教授陣によって輝かしい伝統が築かれてきましたが、現在はそのほかに美術史と美学、芸術学の専門分野を加え、人文科学の根本に関わる幅広い研究と教育を行っています。

授業風景1

授業風景2
トップへ

学科の特色

 演習による文献(主として外国語や古典語)の正確な読解と、作品(絵画・彫刻・文学など)の正しい解釈と理解を、なによりも重視しています。そして学生一人一人にはそれぞれの研究課題を見つけてもらい、実証的な手続きに基づきながらできるだけ独創的な発想が生まれるように励まし、その成果を口頭で発表してもらいます。それらの発表について自由で活発な討論が求められることは言うまでもありません。外国語が苦手と思い込んでいる人も、心配はありません。教授の適切な指導やクラスメートたちのアドバイスに励まされて一度でも原典の深い意味が理解できるようになれば、もうしめたものです。難しいものと思い込んでいた哲学書に、いつの間にか自力で挑戦している自分を見つけてきっと驚かれることでしょう。また、美術展などの見学会も頻繁に行われているので、それらに参加することにより、それまで未知の美の世界におのずと目が開かれていくことでしょう。芸術の領域は限りないほど広く広がっていますから、思いがけない遭遇が期待されます。
 新しい自分の発見と、その成長のためのお手伝いができるようにと、教授陣ばかりでなく助教や副手を含めた研究室全体がつねに努めています。

卒業論文1
卒業論文

卒業論文2
トップへ

学科の構成

 本学科には、1)哲学・思想史系と、2)美学・美術史系の両系があります。哲学・思想史系では、古代ギリシアから、近世、現代に至る西洋の哲学をはじめ、政治、社会、宗教、芸術、文学などの思想史的研究や、日本を中心に中国、インドなどの仏教をはじめとする東洋の諸思想の研究を行うことができます。また、さまざまな分野の中でも、特に美術・芸術に興味を持つ人は、美学・美術史系を選択することができます。この系では、日本美術史、西洋美術史の経験豊かな教授陣が、絵画史を中心とする美術史研究の指導にあたるほか、彫刻史、建築史、音楽史、美学・芸術理論など、多様な芸術領域の研究ができるようになっています。

1 哲学・思想史系

 哲学科の哲学・思想史系では、古代ギリシャから近世、現代に至る西洋の哲学をはじめ、政治、社会、宗教、芸術、芸能、文学などの思想史的研究や、日本を中心に中国、インドなどの仏教をはじめとする東洋の諸思想など、幅広い研究ができます。人間とはなにか、人生とは、と根源的な問題を問いかけたり、社会や環境の問題などに深く心を悩ませつつ、現代的な哲学青年たちが、少人数クラスのゼミを主な場として、熱心に勉強しています。授業と授業の合間や放課後には、学科内の広い開架式の閲覧室や辞書室で本を読んだり調べものをしたり、議論の続きに話の花を咲かせています。同じ学科の美学・美術史系の友人からも刺激を受け、美について考えさせられる機会が多いのも、この系の特色と言えるでしょう。

2 美学・美術史系

 哲学科の美学・美術史系では、日本、東洋、西洋の美術史研究を中心として、建築史、音楽史、美学、芸術理論など、多様な芸術領域に関わる研究をすることができます。中でも美術史の研究に主力を注いでいますので、学科の図書室には各種の美術全集や大型画集が整備され、また演習で発表する際に利用できるスライドも数多く揃えられています。閲覧室には、自らスライドを作成できる複写機器も完備しています。手作りのスライドを使っての美術史の口頭発表は、大勢のゼミ仲間を前にしてということで多少の緊張を伴いますが、成功すれば満足感も大きく、よい経験になっているようです。

美学・美術史系 授業風景1

美学・美術史系 授業風景2
トップへ

カリキュラム


1年次
 当学科の特徴は、2つの系が相互に連携しあっているところにもあります。新入生は、まず基本的な方法論を教える「基礎演習」を取ることになりますが、各人の興味に応じて、哲学、日本美術史、西洋美術史の演習に分かれます。また、ゼミの選択に関わらず、哲学・思想史、美学・美術史、あるいはその他の領域の講義を広く自由に取ることが可能であり、奨励されています。
 また早くから大学での勉強の仕方を身につけるために、2007年度からは正規のカリキュラムに加えて学科独自の「ジュニア・セミナー」という企画がスタートしています。これは大学院生や上級生が運営する自主的な勉強会で、本の読み方や作品の見方、レポートの書き方などを先輩が手ほどきします。

春の1年生オリエンテーション
春の1年生オリエンテーション

先輩によるジュニア・セミナー
先輩によるジュニア・セミナー

2年次
 2つの系のうちどちらかを選ぶのは、2年次からです。哲学・思想史、美学・美術史の専門教育が本格的に始まるわけですが、講義や演習の選択はかなり自由度が高く、存分に自分の関心を広め、深めていくことができます。
哲学・思想史系の2年次演習では、ドイツ語、フランス語、ギリシア語、漢文のいずれか1つによる講読を通じて基礎力が徹底的に鍛えられ、美学・美術史系の2年次用演習では、各自が設定した課題による研究発表を通して、美術作品の分析と研究の基礎が固められます。

3年次4年次
 各系に分かれて学んでいるうちに、各人それぞれ、自分が取り組むべき研究課題が次第に見えてくるようになり、ついには大学で学んだことの総決算、卒業論文へと繋がっていくことになります。そのための準備、指導は、3年次・4年次において各人が所属するゼミを中心に進んでいきますが、何よりも重要な点は、決められ、与えられたテーマではなく、各人が自ら選んだテーマに取り組むということです。教授陣の厳しい指導と温かい励ましのもと、自分のテーマを論文として書き上げた後には、ゼミ旅行や合宿の楽しい思い出などとともに、大きな充実感が残ります。

卒業論文について

ゼミ旅行
ゼミ旅行
卒業後の学科茶話会
卒業後の学科茶話会
トップへ

卒業後の進路

 本学科の卒業生の進路は、他の学科とほとんど変わることがありません。一般企業に勤める人がもっとも多く、そのほかに教員、美術館・博物館の学芸員など専門的な仕事につく人、大学院に残ってさらに研究を続ける人など、様々です。いずれの分野でも皆、有能で、豊かな人間性をそなえた人材と評価が高く、広く各界で活躍しています。
文学部の就職と資格

トップへ