研究室案内

 

場所

北2号館の4階です。
地図はこちら>>目白キャンパスMAP
トップへ

開室時間

平日 8:50〜17:30(11:10〜12:10は昼休みのため閉室)
土曜 8:50〜12:30

 ※大学休暇中は開室日・時間が変則的になります。また各種入試や学科行事の際には臨時閉室となります。掲示で確認してください。
 ※事務室でのレポートの受付については提出場所と提出期間が設定されます。基本的に16:00(土曜日は12:00)までです。それ以降は受け付けません。また、先生によっては、別の提出ルートや別の提出期間を指定されることもあるので必ず確認すること。

トップへ

フロア案内

フロア地図
トップへ

廊下

 重要連絡、哲学科の授業・レポートに関する情報を掲示。研究室からのお知らせも全て掲示で行っていますので、哲学科に来たら、必ず目を通してください。ここをみれば哲学科がわかる!かな。
 講演会の案内、オススメ展覧会のポスターなどの情報も常時更新しています。ふっと時間が空いた時には、ここをチェックしてから出掛けるのもよいでしょう。
廊下1 廊下2
トップへ

閲覧室

 学生が自由に利用できるスペース。図書の閲覧、自習、昼寝、相談、冗談・・・などに使われているようです。試験前は混み合います。
 開架図書・雑誌の棚が並んでいるほか、図書検索用のパソコンが1台、スライド等の撮影用の接写台が3台(カウンターにて要予約)があります。
閲覧室1 閲覧室2
トップへ

書庫

 現在約4万冊の専門書を所蔵。ジャンルは、哲学・思想史・宗教史など、また、美学・美術史などを中心に蔵書しています。

詳しい利用のしかたはこちら>>◆哲学科図書利用案内

〜本学科の所蔵図書(一部)〜
西洋哲学- 古代から現代まで、ギリシャ語やラテン語、英・仏・独など各言語圏の文献について偏りなく揃えられており、研究書も含めて原典を容易に手にとれる環境を整えています。例えば古典ではLoebやMigneのシリーズ、現代哲学ではHeidegger、Husserlの全集(各二セット)その他が用意されています。
東洋思想- 神道大系、大蔵経、続蔵経などの基本文献に加え、日本近代思想の個人全集も充実しています。
美術- 東洋の各種美術全集、雑誌バックナンバーなど。『国華』・『日本の美術』もほぼ全号揃っています。西洋美術では、貴重なレオナルドの写本複製版があります。
その他、展覧会のカタログや各作家のカタログレゾネはもちろん、ジェンダーなど現代の問題に関わる分野の書籍も積極的に取り入れています。
トップへ

辞書室

 レファレンスルームです。各国語辞書、辞典・事典類、図書目録などを揃えています。時には、ゼミ室・会議室としても使用しますが、平常は学生に開放しています。文献講読の予習などに最適。
辞書室1
哲学科書庫
辞書室2
辞書室
トップへ

カウンター

 図書の貸出、テキストコピー、機材・設備の利用、レポートの提出、等々の受付です。
哲学科で困った時も、まずここで聞いてみましょう。履修に関する疑問や、資料の探し方、進路・人生について(?)、お金の無心以外よろず相談受け付けます。
カウンター1 カウンター2
トップへ

個人研究室

 個性あふれる哲学科専任教授の各部屋。大学での研究の拠点です。学生の相談や、外部・取材の応対などにも使われます。ここでは中を公開できないのが残念ですが・・。
トップへ