成果報告会


共同研究プロジェクト活動終了後の研究成果発表のための報告会を開催しています。報告の詳細は、開催された年の 「学習院大学人文科学研究所報」に収録されております。

平成21年度

  
プロジェクト名
(活動年度)
/研究代表者
「中世掛幅縁起絵の総合研究」(平成18年度‐平成20年度)/佐野みどり教授
講師・題目
「中世説話画研究の現在―模写・トレース・復元―」
日時
<展覧会>平成21年12月8日〜12月12日
<シンポジウム>平成21年12月12日
場所
<展覧会>史料館展示室(北2号館1階)
<シンポジウム>北2号館10階大会議室

平成23年度

  
プロジェクト名
(活動年度)
/研究代表者
「歴史語用論に関する総合的研究」(平成20年度‐平成22年度)/高田 博行 教授
講師・題目
・森山由紀子 氏(同志社女子大学教授)
 「日本語における聞き手敬語の成立と発達─敬語1300 年の歴史が語ること─」
・中安美奈子 氏(浜松医科大学准教授)
 「チョーサーにおける時制交替─歴史語用論の視点から」
日時
平成24年3月29日(木)
場所
北2号館10階大会議室

平成25年度

  
プロジェクト名
(活動年度)
/研究代表者
「中世文化の世界像と古典知―東日本の造形をめぐって―」(平成24年度)/佐野 みどり 教授
講師・題目
・Kristopher Kersey 氏(米国ナショナルギャラリー付属美術研究所特別研究員(CASVA))
 「後白河院と「目無経」の経文匿名性の問題について」
・Aaron Rio 氏(学習院大学文学部客員研究員)
 「鎌倉盛期の残影:「関東水墨画」に思いを巡らす」
日時
平成25年7月11日(木)
場所
北2号館10階大会議室
ページのトップに戻る