共同研究プロジェクトについて

伊藤 研一教授プロジェクト
『セラピスト・フォーカシング法の展開』
[prof.Kenichi Itoh]

1.目的・内容・期待される効果など

セラピスト・フォーカシングはセラピスト自身がフォーカシングの技法を用いて自らの体験に ついて自己吟味を進めるセラピスト援助の技法である。さまざまな臨床経験の心理臨床家にセラ ピスト・フォーカシングを行なった結果、セラピスト・フォーカシングの効果について@クライエ ントからほど良い心理的距離を取るAクライエントからの非言語的メッセージを受け取る、が重要 と考えられた。本研究では、セラピスト・フォーカシングをさらに発展させることを目的として、 @従来治療者クライエント関係が重視されてこなかった心理療法(たとえば内観療法や臨床動作法) におけるセラピスト・フォーカシングの意義A治療者クライエント関係が重視される心理療法にセ ラピスト・フォーカシングを適用した場合の効果B連続してスーパービジョンにセラピスト・ フォーカシングを導入することによるクライエントへの影響について検討する。

2.研究スタッフ

<研究代表者>
・伊藤 研一 :学習院大学 文学部教授(心理学科)

<所員>
・滝川 一廣 :学習院大学 文学部教授(心理学科)

<客員所員>
・小林 孝雄 :文教大学 人間科学部准教
・日笠 摩子 :大正大学 人間学部教授
・近田 輝行 :東京女子大学 文理学部教授
・清水 良三 :明治学院大学 心理学部教授
・村里 忠之 :帝京平成大学 メディカル健康学部准教授
・山中 扶佐子:東京都足立児童相談所児童心理司

<リサーチ・アシスタント>
・真澄 徹  :学習院大学大学院 人文科学研究科博士後期課程
・寺脇 梓  :学習院大学大学院 人文科学研究科博士後期課程*平成22〜23年度
         (平成22年度は研究補助者)

ページのトップに戻る

3.活動報告

平成21年度:研究スタッフ以外の参加者を加えた研究会を行い、臨床動作法と精神分析における セラピスト・フォーカシングに類似した現象とセラピスト・フォーカシングとの接点について検討した。 (詳細は『学習院大学人文科学研究所報』2009年度版に掲載されています)
平成22年度:3回の研究会を開催し、臨床動作法とフォーカシングを組み合わせた事例、組織へのコンサルテーションについて検討した。(詳細は『人文科学研究所報』2010年度版に掲載されています。)
平成23年度:3回の研究会を開催した。第3回研究会では、鹿児島大学教授の松木繁氏をお招きし、「臨床における催眠適用の実際」と題した発表が行われた。(詳細は『人文科学研究所報』2011年度版に掲載されています。)

4.今後の活動予定

本プロジェクトは、平成24年3月31日を以て終了いたしました。ご協力下さった皆様に厚くお礼申し上げます。


ページのトップに戻る