共同研究プロジェクトについて

宮盛 邦友准教授プロジェクト
『現代日本における教育改革構想──戦後改革・戦後史・地球時代──』
[associate prof.Kunitomo Miyamori]

1.目的・内容・期待される効果など

教育改革構想とは、教育改革の理念と主体を問う研究課題である。現代教育改革において、政府・文部科学省が主導する教育改革がその中心を形成しているが、それに対しては、民間によって提言・提案される教育改革が重要な役割を果たしていることを忘れてはならない。なぜならば、教育改革は、政策と実践・運動の緊張関係の中で成立するからである。教育改革構想を検討するにあたっては、教育改革が、教育、学校教育、教育行政などの教育全般にわたることから、総合的・学際的な研究とならざるを得ない。このような問題意識にたって、戦後改革・戦後史・地球時代における民間・教育運動の教育改革の理念と主体を検討することで、現代において求められている教育改革構想を解明する。

2.研究スタッフ

<研究代表者>
・宮盛 邦友 :学習院大学文学部准教授(教育学科)

<所員>
・山ア 準二 :学習院大学文学部教授(教育学科)

<客員所員>
・下地 秀樹 :立教大学教授
・田中 昌弥 :都留文科大学教授
・坂田  仰 :日本女子大学教授
・勝野 正章 :東京大学教授
・植野妙実子 :中央大学教授

ページのトップに戻る

3.活動報告 [活動年度:平成28年度〜平成30年度]

平成28年度:東京大学名誉教授堀尾輝久先生をお迎えして、「教育改革の三つの系譜―教育を拓く―」と題し、公開研究会を行った(2017年1月19日)。また、第1回教育改革研究会(2017年1月22日)を開催し、宮盛が「教育改革構想研究の課題と方法」という報告を行った。(以上の活動の詳細は『学習院大学人文科学研究所報』2016年度版に掲載されています)
ページのトップに戻る

4.今後の活動予定

教育改革構想を検討するにあたっては、教育改革が、子どもの発達・子どもの権利と地域社会を軸として、教育制度、教育課程、大学問題などの教育全般にわたることから、総合的・学際的な研究とならざるを得ない。このような問題意識にたって、戦後改革・戦後史・地球時代における政府・文部科学省(教育政策)と民間(教育運動・教育実践)の教育改革の理念と主体を検討することで、現代において求められている教育改革構想を解明する。本研究の2年目にあたる平成29年度は、人間=公民教育研究(理論研究)、教育法=政策研究(実践研究)から、戦後改革・戦後史・地球時代の研究に取り組むことで、現代日本の教育改革構想の基礎的研究をおこなう。
ページのトップに戻る