共同研究プロジェクトについて

渡辺 学教授プロジェクト「「ポライトネス」の日独語対照比較 ―社会心理学を援用して―」
[prof.Manabu Watanabe]

1.目的・内容・期待される効果など

変種言語学・メディア言語学的な視線からの観察、記述を土台として、 「対人配慮」と「距離」を把捉するために、境界横断的に社会心理学的方法を導入した対照言語学の視点から、 電子メディアのテクストも対象としつつ、日独語を中心とする「ポライトネス研究」を新たに構想・推進する。 ドイツ語圏の「話しことば研究」と「(テクスト)文体論」の成果をふまえ、これに、英米語圏、日本語圏における 「ポライトネス研究」の成果との批判的対峙を加えることで、対照ポライトネス研究構築への第一歩とすること を目指す。分析の中心となる「距離(感)」は、一定不変ではなく、お互いの相手との距離のアセスメントにより ながら、相手はどう感じているかを相互に推し量りつつ、インタラクティブにことばを交わすなかで、意識・ 相互調整されていくものと考えられる。本研究では、この仮説の真偽を、複数言語の「発話行為」に着目した ディスコース分析から明らかにする。

2.研究スタッフ

<研究代表者>
・渡辺 学   学習院大学 文学部教授(ドイツ語圏文化学科)

<所員>
・高田博行 :学習院大学 文学部教授

<客員所員>
・南 保輔 :成城大学 文芸学部教授
・三宅和子 :東洋大学 文学部教授

<研究補助者>
・宇佐美千秋:学習院大学大学院 人文科学研究科 ドイツ文学専攻 博士前期課程
・仲内めぐみ:学習院大学大学院 人文科学研究科 ドイツ文学専攻 博士前期課程

ページのトップに戻る

3.活動報告 [活動年度:平成22年度]

平成21年度:3回の会合を行ったほか、第2回LIARや日本独文学会秋季研究発表会において発表等行った。(詳細は『人文科学研究所報』2009年度版に掲載されています。)

4.今後の活動予定

人文科学研究所での、本プロジェクトは平成22年3月31日をもって終了致しました。
ご協力くださった皆様に厚く御礼申し上げます。


ページのトップに戻る