共同研究プロジェクトについて

吉川 眞理 教授プロジェクト
『心理臨床専門職における実践知獲得過程の研究』
[prof.Mari Yoshikawa]

1.目的・内容・期待される効果など

心理臨床専門職の学び過程は、実践知の獲得過程としてとらえられる。実践知を支える4つのスキルとして金井・楠見(2012)は、@テクニカルスキルAヒューマンスキルBメタ認知スキルC概念化スキルに分類している。これまで臨床心理士養成カリキュラムにおいては、スーパービジョンを受けながら修習生自身が事例を担当する実習が重視されてきた。本研究では、このスーパービジョンを受けながら事例を担当する実習において心理臨床専門職の実践知が獲得される過程について、次の二つのアプローチを用いて明らかにすることを目的とする。
1. 実践知を支える4つのスキルのフレームワークの観点よりその過程を分析する。
2. 心理臨床専門職実践知獲得過程における文化的要因の機能を明らかにする。

2.研究スタッフ

<研究代表者>
・吉川 眞理 :学習院大学文学部教授(心理学科)

<所員>
・川嵜 克哲 :学習院大学文学部教授(心理学科)

<客員所員>
・森谷 寛之 :京都文教大学教授
・西井 克泰 :武庫川女子大学教授
・青木紀久代 :お茶の水女子大学准教授
・地井 和也 :京都女子大学大学院こころの相談室
・増田 直子 :医療法人社団船橋北病院心理士

<リサーチ・アシスタント>
・佐藤 雅美 :学習院大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 博士後期課程
・吉田恵美子 :学習院大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 博士後期課程
・中田  澪 :学習院大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻 博士後期課程
・中山 愛美 :学習院大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻 博士後期課程
・冬頭 佳奈 :学習院大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻 博士後期課程
・野澤真理子 :学習院大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻 博士後期課程
・田中 奈緒 :学習院大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻 博士後期課程

ページのトップに戻る

3.活動報告 [活動年度:平成29年度〜31年度]

次年度以降に掲載いたします。
ページのトップに戻る

4.今後の活動予定

次年度以降に掲載いたします。
ページのトップに戻る