文学部

就職と資格

【学芸員資格】
博物館(美術館や資料館、文書館や文学館、あるいは水族館や動物園も含まれます)には専門職として「学芸員」が配置されています。展覧会の企画を立てたり、収蔵品を保存管理したり、その活動はさまざまですが、広く言えば社会に対しての文化的なサービスを提供し、また学校とは違うかたちで教育活動も行うという、とても興味深い仕事と言えます。
学芸員になるためには学芸員資格が必要です。学習院大学では「博物館に関する科目」を履修することで、この資格を取得することができます。
学芸員資格取得のページへ


【経験と意見】
椎野 晃史さん
哲学専攻
椎野 晃史 さん

 「学芸員になるためには「運・根・感」が必要である」・・・これは大学時代の恩師から頂いた忘れられない言葉の一つです。学芸員として福井県立美術館に就職した今、 やっとこの言葉の意味が理解できたような気がします。「感」=感性とは、作品を見る力、そこから問題点を見出して議論を組み立てる力だと考えます。 生まれ持ったセンスはともかくとして、感性は磨くことができるはずで、その為には美術史講義や演習を積極的に受講することが大切です。 また「運」を「縁」と解釈するならば、良き作品に出会う「縁」、恩師や学友と出会う「縁」、そして就職の「縁」など、大学在籍時の「縁」を存分に活かして欲しいと思います。  そしてこの中で唯一、自分でコントロールできるのは「根」=根性です。私に最も足りない要素の一つですが、夢を諦めないこと、妥協を許さないで研究に取り組む姿勢が大切であると感じています。 学芸員の就職口は狭く、極めて困難ですが、学芸員を目指すことを諦めず、突き進んでほしいと切に願います。