文学部について | 学習院大学 文学部

文学部について

学部長のメッセージ

「ひとの営みを観る時間を過ごす

しばらく前、全国の大学における文学部をめぐる議論は、決して安泰なものではありませんでした。2015年夏に文部科学大臣が全国の国立大学に送った通知が波紋を呼び、あるいは人文・社会科学系の学部は大学にはいらないとまで言われているかのような、そのようにとれる見解であるともみられました。しかし、こうしたことがマスコミの話題を賑わせ始めたときに、あらゆる分野の科学者からなる機関の日本学術会議は、特定の分野が不要であるかのような論調に対して強く批判した声明を発信しましたし、さらに実利を追究している経済界からも、人文科学系学問の必要性を訴える発言が続きました。

文学部の存在意義とは何か。ひとことで語るには難しいものがあります。また、ひとことで片付けるにはもったいないとも思いますし、そして、語る人によってそれぞれ多様なことが述べられるであろうさまざまな意義が、文学部にはあります。学習院大学の文学部についてみれば、8つの学科があり、これらの各専門分野では、多くの学生が日々学んでいます。多様に枝分かれしている文学部の各専門分野ですが、しかし根底に共通していることを挙げるならば、それはどの分野でも人間の営みを考える学問分野であるということでしょう。われわれの世界で人間が「ひと」として様々な営みを行っている過去・現在・未来のことについて、文学部では多くの人々が関心を持ち、学び、研究を進めているのです。

文学部の各研究分野では、4年生が卒業する際には卒業論文もしくは卒業研究・卒業演習・卒業翻訳などが課されています。新入生として大学に入ったばかりの1年生が、この卒業するための課題を、1年生として過ごす1年間のうちに完成させてしまうことはまず無理です。ひたすらがんばって4年分の知識を1年間で詰め込んだらどうかと、もし聞かれたとしても、たぶん無理だと私は言うでしょう。「ひと」とその社会を研究するには、その営みをよく観ていく経験が大事なのだと思います。文学部の諸学問は、人格の陶冶が進む中で形成されるものなのです。4年間を過ごしてさまざまな経験を積む中で培われたものを、卒業してゆく4年目の学生のそれぞれが持っていることと思います。分野によって学ぶ内容に違いはあっても、「ひと」の社会の営みを観察してきた眼力こそが、文学部を出て社会で活躍していく人たちに備わっていくたくましい力の源であり、また社会が求めているものでもあるでしょう。

学習院大学の文学部は、こうした眼力を養う教育・研究とその環境を、これまで大切にしてきました。そのことが、この文学部の底力であり、魅力を感じていただけるところでもあろうと思います。そしてこれからも、私たちはこの教育・研究を大事にして、胸を張って誇れる文学部でありたいと考えます。

文学部長 鐘江宏之
(平成29年4月 文学部長就任)

特色・方針

学習院大学は、1949年に新制の大学として開設されました。当時は、文政学部の中に文学科と哲学科だけがありましたが、
その後数回の改変と拡大によって、現在では、次の8学科を擁しています。

哲学科
【95名】
あらゆる人文科学の根本にある哲学を学ぶ。哲学・思想史系と美学・美術史系が相互に連携
史学科
【85名】
歴史に対する幅広い視野と自由な問題関心とをもち、きめの細かい指導により主体的に研究していく態度を養う
日本語日本文学科
【110名】
古代から現代に至る長い歴史を持った日本の文化を縦横に研究。日本語教育のエキスパートも養成
英語英米文化学科
【115名】
単なる語学研究の枠に収まらない文学・言語学研究を推進。英文学・米文学・英語学の3分野を幅広く学ぶ
ドイツ語圏文化学科
【50名】
言語・情報、文学・文化、現代地域事情の3コース、ならびに通訳・翻訳者養成のための特別プログラムを設置
フランス語圏文化学科
【80名】
言語・翻訳、舞台・映像、広域文化、文学・思想、の4コース制で多様な文化事象を広く学ぶ
心理学科
【90名】
基礎から最新の知識までを組織的に学べる独自のカリキュラムで、優秀な心理学エキスパート育てる
教育学科
【50名】
2050年の社会を見すえ、次世代を担う子どもたちを育てる資質と能力をそなえた小学校教員を養成する

文学部の各学科は、いずれも基礎的な教育を重視しており、学生は、まずその研究領域における基本的な考え方や基礎的な知識を習得するように指導されます。そのような基礎に基づいて、より専門的な研究に取組むことができるのです。本学部では、ほとんどの学生にとって卒業論文が必修になっていますが、最終学年において、教員の懇切な個別指導のもとで研究を行って、論文を書きあげます。 各学科のカリキュラムは、教育的・組織的に構成されており、さまざまなテーマに関する講義が設けられているとともに、少人数のクラスでの演習・ゼミが数多く用意されています。当然のこととして外国語は重視されており、2カ国語以上の学習が必修になっています。また、ひろく一般的な教養を身につけるために、自分の専攻する学科の専門以外の科目を、自由に履修することがすすめられています。

学生は入学したときから、各学科の図書施設や研究室を十分に使用することができます。蔵書は非常に豊富です。各学科の研究室をはじめ学内には、パソコンなど情報処理の機器も整備されています。

学部在籍者数

(2018年4月現在)

合計
入学定員 95 85 110 115 50 80 90 50 675
在学生数 418 389 476 504 219 376 385 213 2,980
専任教員数 10 9 12 12 7 8 10 12 80

大学院在籍者数

(2018年4月現在)

合計
入学定員(博士前期) 10 10 15 20 10 5 5 6 12 20 15 10 138
入学定員(博士後期) 3 3 3 3 3 2 2 2 3 5 3 3 35
在学生数 22 34 37 44 22 3 10 11 34 25 27 21 290
専任教員数 5 5 7 12 11 6 6 5 5 12 5 5 84