東アジアネットキャンパス開通式典

(2006年9月7日16時〜17時・中国時間15時〜16時)
学習院大学、中国復旦大学、韓国慶北大学校の3地点を結んだネットキャンパスの開通式典は見事成功した。機器はアメリカ製のポリコムテレビ会議システムVSX700s を使用し、ラン端子に接続してインターネット回線で通信した。リモコンで通信先へのコール、カメラ移動、画像の切り替えなどの操作ができ、通信先のIPアドレスを設定を一度行えば、すぐに立ち上がって相手方をコールできる。

開通式典は福井憲彦学習院大学文学部長の開幕の辞から始まり、学習院大学学長永田良昭、慶北大学校師範大学学長黄石根、復旦大学歴史地理研究中心葛剣雄各氏の挨拶が続いた。通訳は学習院大学に日本語・韓国語間通訳(呉吉煥)、日本語・中国語間通訳(菅野恵美)を2名つけた。中国語・韓国語間の通訳は立てず、日本語を介して中国語、韓国語に通訳した。三国をつなぐ司会は東洋文化研究所助手の村松弘一が担当した。

東京・上海間は2000キロ、東京・大邱間は1000キロ、上海・大邱間も1000キロ、これだけ遠く離れた三箇所で臨場感ある同時会議が出来たことはすばらしい。交通機関が発達したといっても、東京・上海間は3時間、東京・大邱間では経由する釜山の金海空港までで2時間かかる。そのほか空港までの移動時間を含めると、5、6時間は必要である。航空運賃も上海往復約9万円、釜山往復約7万円もかかる。東アジア地域間の人的交流には時間と経費の負担が大きい。テレビ会議システムは通信費無料、鮮明な画像と音声を即時に交換できる。機材と設置経費は文部科学省サイバーキャンパス整備事業、日本学術振興会アジア教育拠点事業、学習院情報化推進事業の助成を得た。


テレビ会議の場面(左:中国側、右:韓国側)


このネット環境をどのように活用していくのか。開通式ではネットキャンパス・ヴァーチャル・テープカット(三国間で画面を通じて同時にカットする)のあとに日中間三拠点「東アジアネットキャンパスを利用したアジア研究・教育拠点の形成へ向けて」という座談会を開いた。司会は鶴間和幸が担当した。多国間テレビ会議システムがインターネットのメールやテレビ電話(インターネット)では及ばないほどの臨場感をもたらしてくれることは一同実感した。相手の表情を見ながら双方の意志の確認を即時にできる。カメラは自由に移動し、部屋全体の隅々まで映し出すことができる。その場にいれば誰でも会議に簡単に参加できる。発言者をフルスクリーンで映せるし、ディスカッションモードにすれば画面の分割もできる。プレゼンテーション・モードではパソコンからの資料提示ができる。こうした機器を活用し、今後は学術交流やプロジェクトの会議以外にも、たとえば日中韓の三国の学生が東アジアの現状と将来をめぐって討論会を行うとか、日本語の授業を中国、韓国に向けて発信するとか様々な希望がふくらんでいく。


バーチャルテープカットの場面(左から福井憲彦文学部長、永田良昭大学長、崔弘昭客員研究員、通訳の呉吉煥氏


最後に慶北大学校社会教育学部の学部長金辰雄氏の閉会の辞で、2時間に及ぶ開通式は成功裏に終わった。三大学でそれぞれ用意していたお酒で画面を通じて乾杯し、今後の発展を誓った。当日の参加者は中国側15名、日本側29名、韓国側11名の総勢55名にも及ぶ。これだけの人々が一箇所に集合して会議を開催すれば渡航費、滞在費など経費は計り知れない。それがこれほど簡単に開催できたことは会議システムの効用である。(文責:文学部 鶴間和幸)

事業の活動の詳細は本事業のHP(http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~asia-off/index.html)をご覧下さい。