受賞のお知らせ

ドイツ語圏文化学科・高田博行教授が「日本独文学会賞」を受賞

第9回日本独文学会賞選考の結果、本学文学部ドイツ語圏文化学科・高田博行教授が「日本独文学会賞(日本語論文部門)」を受賞しました。 授賞対象となった論文は、「言語意識史から見た枠構造―17・18世紀の文法家による評価をめぐって」(『ドイツ文学』、日本独文学会編、第140号、2010年)です。 授賞式は、2011年10月15日、金沢大学で開催された日本独文学会秋季研究発表会にて行われました。