研究年報

研究年報

【52輯】
刊行物トップ
タイトル
著者
近世の駕輿丁について
西村 慎太郎
タイトル
著者
「こひまさる」の意味と用法 ―「恋(が)まさる」か複合動詞か―
佐佐木 隆
タイトル
著者
正宗白鳥と〈私小説〉言説の生成 ―〈出来事〉としての「人生の幸福」―
山本 芳明
タイトル
著者
神代記の異伝注記 ―第四段・第五段の編修―
中野 謙一
タイトル
著者
愛と欺瞞 ―『微笑』と『灰色の修道士』を読む―
松島 正一
タイトル
著者
十八世紀後半、改革の時代が生んだ英国的ヒロイン
 ―エリザベス・インチボールド、『単純な物語』の場合―
藤澤 陽子
タイトル
著者
A.ポンス『スペイン紀行』、自国の発信として
 〜プレ「スペイン趣味」考(3)〜*
久々湊 直子
タイトル
著者
エレンコスとソクラテス
小島 和男
タイトル
著者
アジアと日本列島における言語・文化境界線“気候線”(摂氏0度線)
 ―言語地理学と文化地理学から―
安部 清哉
タイトル
著者
‘An X of wavering flesh':Thomas Kinsella's ‘Downstream’
アンドルー・フィッツサイモンズ
タイトル
著者
Die Apokalypse als historische Denkfigur
トーマス・ペーカー
タイトル
著者
言語学の問題としての「機能」
渡辺 学
タイトル
著者
小説と戯曲のはざまで ―サミュエル・ベケット『クラップの最後のテープ』―
大野 麻奈子
タイトル
著者
アルセーヌ・リュパン ―針と空洞との結びつき―
小林 佐江子
タイトル
著者
《Étrange monstre》
A propos des influences de la comedia espagnole sur L'Illusion comique de P. Corneille
石川 理絵子
タイトル
著者
集団施行による臨床動作法とフォーカシング実習の効果(その3)
伊藤 研一
タイトル
著者
19世紀初頭における二つのperfectibilitéについての研究序論
 ―教育における「文明化」と「文化化」―
川口 幸宏

 51輯へ   53輯へ