人文科学論集

人文科学論集

【第18号】
刊行物トップ  
タイトル
著者
世阿弥の能楽論における「見風」 ―「かかり」との関係から―
宮本 郷史
タイトル
著者
「かけら」としての哲学 ―キェルケゴールにおける非学問的な学問としての哲学―
吉田 敬介
タイトル
著者
ライプニッツにおける神の正義の観念 ―悪の容認の問題を手引きに―
長綱 啓典
タイトル
著者
近代の屏風 ―明治三〇〜四〇年代の竹内栖鳳を中心に―
塙 萌衣
タイトル
著者
受動受益的「〜テモラウ」文と受身文の互換性の要因について
スチワロードム・スィリラック
タイトル
著者
自然現象名詞主語の他動詞文について
熊 鶯
タイトル
著者
英語における二重目的語構文の受動化について
大野 英樹
タイトル
著者
死へと向かう男、死から逃げる男 ―Don DeLillo の Cosmopolis と White Noise―
野口 孝之
タイトル
著者
「言語危機」を表現する
―ホーフマンスタールの『手紙』における声の断絶とレトリックの関係について―

木村 裕一
タイトル
著者
アナトール・フランスの小説作品と批評作品 子どもとジュルナリスム小説
澁谷 与文
タイトル
著者
「バルナブース」の変化 ―『A.O.バルナブース全集』の「日記」における人物像―
佐藤 みゆき
タイトル
著者
アンドレ・ブルトンの一九三〇年代におけるイメージの考察について
―『通底器』におけるイメージの解読―

進藤 久乃
タイトル
著者
日記行動が持つ青年期的意義と心理的効果についての探索的研究
地井 和也
タイトル
著者
ロボットは「心」を持つか ―『PLUTO』から考えるロボットの「心」と人間の「心」―
八鍬 博敏
タイトル
著者
知能観 IAT 紙筆版作成の試み
藤井 勉
タイトル
著者
舞台空間と身体の編成への序説 ―バウハウスの舞台とオスカー・シュレンマー
柴田 隆子
タイトル
著者
サイボーグ漫画のアニメ化に見る漫画作品の受容と消費
足立 加勇
タイトル
著者
複製芸術としてのマンガ ―視覚メディアにおけるキャラ表現の考察―
可児 洋介

 第17号へ   第19号へ