人文科学論集

人文科学論集

【第19号】
刊行物トップ  
タイトル
著者
託磨長賀論―流派の転機、禅宗と醍醐寺へ―
藤元 裕二
タイトル
著者
「彫刻」へのまなざし―高村光雲と近代美術制度―
庵原 理絵子
タイトル
著者
作品紹介 関地蔵院本道天井画―狩野永敬と一八世紀初頭の京狩野家について―
薄田 大輔
タイトル
著者
戦国期岩城氏にみる婚姻関係と中人秩序 ―佐竹・伊達間における仲介者― 
山田 将之
タイトル
著者
『伊勢物語』における音楽
近藤さやか
タイトル
著者
『源氏物語』の落葉宮 ―死者との一体化願望―
塩見 優
タイトル
著者
『松浦宮物語』華陽公主論
伊勢 光
タイトル
著者
“thy bliss O death”:WhitmanとWagnerのエロスとタナトス
森山 敬子
タイトル
著者
古典修辞学体系における「生きた」隠喩 と「死んだ」濫喩
木村 裕一
タイトル
著者
La Disparition における語の歪み
前山 悠
タイトル
著者
バルナブースの「脱物質化」 ―『A・O・バルナブース全集』の「哀れなシャツ屋」に関する一考察   
佐藤みゆき
タイトル
著者
破壊と構築 ―『よじ登る』におけるジャック・デュパンの詩学―
中山 慎太郎
タイトル
著者
論争作品に見られる自伝的側面 ―ジャン=ジャック・ルソー『ボーモンへの手紙』と『山からの手紙』についての一考察
土橋友梨子
タイトル
著者
テスト教示・練習課題の難易度が内発的動機付けに及ぼす影響について
瀧沢 絵里
タイトル
著者
「暗黙の」知能観と社会的望ましさの関連 ―他の特性との関連も交えて―
藤井 勉
タイトル
著者
交差カテゴリーを用いたステレオタイプの活性化が対人認知に与える影響
島影 麻耶
タイトル
著者
アーカイブズ学と地方自治体アーカイブズの研究
清水 惠枝
タイトル
著者
サミュエル・ベケット『名づけえぬもの』におけるアーノルド・ゲーリンクス『エチカ』の痕跡 
―「三重の主体」―
宮脇 永吏
タイトル
著者
落下する身体のリアリズム ―初期ディズニーからピクサーへー
三輪 健太朗
タイトル
著者
想像の共同体としてのニュータイプ ―『機動戦士ガンダム』をめぐる同時代言説―
可児 洋介

 第18号へ   第20号へ