学習院大学 東洋文化研究所The Research Institute for Oriental Cultures

機関紹介

研究所スタッフ

海老根 量介(えびね りょうすけ EBINE,Ryosuke) 助教

準備中
研究分野

中国古代史

略歴
2007年 3月
東京大学文学部歴史文化学科東洋史学専修課程卒業
2007年 4月
東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻修士課程入学
2009年 3月
東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻修士課程修了
2009年 4月
東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻博士課程進学
2010年 9月
中国・復旦大学出土文献与古文字研究中心へ留学(~2012年7月)
2014年 3月
東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻博士課程単位取得退学
2014年 4月
学習院大学東洋文化研究所助教
主要業績
【論文】
  • 「戦国『日書』に反映された地域性と階層性――九店楚簡『日書』・放馬灘秦簡『日書』の比較を通して――」(『中国出土資料研究』14号、2010年3月)
  • 「放馬灘秦簡鈔写年代蠡測」(武漢大学簡帛研究中心主弁『簡帛』第7輯、上海古籍出版社、2012年10月)
  • 「上博簡《申公臣霊王》簡論――通過与《左伝》比較」(復旦大学出土文献与古文字研究中心網站論文、2012年7月1日)
  • 「放馬灘秦簡《日書》中的“爯”字小考」(復旦大学出土文献与古文字研究中心網站論文、2014年1月3日)
  • 「「盗者」篇から見た「日書」の流通過程試論」(『東方学』128輯、2014年7月)
  • 「春秋中~後期の申の復国問題について」(『史学雑誌』125編1号、2016年1月)
  • 「放馬灘秦簡を中心にみた「日書」の流通」(『日本秦漢史研究』17号、2016年11月)
【書評】
  • 「書評 工藤元男著『占いと中国古代の社会』」(『中国出土資料研究』16号、2012年3月)
  • 「孫占宇著『天水放馬灘秦簡集釈』」(『東洋学報』95-4、2014年3月)
【訳注】
  • 「上博楚簡『霊王遂申』訳注」(『出土文献と秦楚文化』7号、2014年3月)
  • (共訳注)「清華簡『傅説之命』(下)訳注」(『出土文献と秦楚文化』7号、2014年3月)
  • 「上博楚簡『平王与王子木』訳注」(『出土文献と秦楚文化』8号、2015年3月)
【資料紹介】
  • (共編)「澤口文庫目録 附澤口剛雄氏年譜」(『東洋文化研究』18号、2016年3月)
ページの先頭へ