19912000年度の在籍者

19914月〜20013

スタッフ

三浦謹一郎

Kin-ichiro Miura

1991.04-2001.03

教授

脇山素明

Motoaki Wakiyama

1991.04-1997.10 1999.11-2001.03

助手

竹本千重

Chie Takemoto

1998.04-1999.10

助手

佐藤高則

Takanori Sato

2000.04-2001.03

助手(無給)

安倍未央

Mio Abe

1991.04-1997.03

客員研究員

寺部眞人

Mahito Terabe

1991.04-2001.03

客員研究員

矢崎和盛

Kazumori Yazaki

1991.04-2001.03

客員研究員

稲垣冬彦

Fuyuhiko Inagaki

1994.04-2001.03

客員研究員

吉澤聡子

Satoko Yoshizawa

1994.10-1995.10

客員研究員

白木和子

Kazuko Shiroki

1999.04-2001.03

客員研究員

 

学生

20013月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

岩崎綾子

Ayako Iwasaki

極端に熱安定性の高いミニヘアピン構造をつくる一本鎖DNA断片についての研究

齋藤陽子

Yoko Saito

哺乳類ミトコンドリアmRNA結合蛋白質の解析

久野有里

Yuri Hisano

ヒラタケ由来のプロテアーゼインヒビターのアミノ酸置換による阻害作用の変化

柳井秀元

Hideyuki Yanai

プロペプチド及びプロテアーゼインヒビターによるズブチリシンの立体構造形成

学部卒

上野次郎

Jiro Ueno

プロテアーゼインヒビターおよびその変異体の分子シャペロン活性

大澤千恵子

Chieko Osawa

キャップ構造によらずに翻訳開始を行う遺伝子Smad5の翻訳開始に必要な領域

城島依里

Eri Jojima

ポリソーム中のタンパク質の免疫電顕法による観察

関本剛久

Takehisa Sekimoto

ミニヘアピン配列を繰り返し持つDNAの複製に関する研究

福原健一

Kenichi Fukuhara

高度好熱菌Thermus thermophilus由来の無機ピロリン酸加水分解酵素のCys168耐熱性への寄与の検討

本蔵直樹

Naoki Honkura

真核細胞mRNAの翻訳効率に関するpoly(A)の機能

松本光史

Teruhumi Matsumoto

α-へリックス形成peptideの安定性の検討

山口敦子

Atsuko Yamaguchi

両親媒性αへリックス構造における疎水面中の荷電アミノ酸と繊維状集合体形成の関係

 

20003月卒業

博士論文・修士論文・卒業研究のテーマ

博士満退

湯澤聰

Satoru Yuzawa

真核細胞のシグナル伝達に関わるマルチドメイン蛋白質の構造に関する研究

修士終了

小此木孝仁

Atsuhito Okonogi

両親媒性α-へリックス形成とポリペプチドの集合体形成の関係

佐藤徹

Toru Sato

開始コドン付近の塩基配列がタンパク質合成に及ぼす影響

西田幸治

Koji Nishida

19F-標識されたRecAタンパク質とDNAとの相互作用に関する研究

学部卒

相木彩子

Ayako Aiki

人工及び天然ポリペプチドの集合体形成の電子顕微鏡による観察

新井芳実

Yoshimi Arai

ヒトミトコンドリアペプチド鎖解離因子の機能解析

斎藤雅子

Masako Saito

ミニヘアピン構造の配列を繰り返しもつDNAの複製に関する研究

軸丸裕介

Yusuke Jikumaru

植物ホルモンブラシノライド生合成の新規阻害剤の検索と最適化

清水誠

Makoto Shimizu

放線菌ズブチリシンインヒビターSSIの疎水コアの安定性と阻害作用の相関

清水裕佳子

Yukako Shimizu

翻訳開始因子eIF4Eのキャップ結合複合体の形成を制御する4E-BP2のリン酸化について

杉奈津紀

Natsuki Sugi

キャップ構造によらずに翻訳開始を行う遺伝子の検索

高橋範行

Noriyuki Takahashi

開始コドン後の塩基配列が翻訳効率に及ぼす影響

舘野久美子

Kumiko Tateno

両親媒性αへリックス形成における疎水面構成アミノ酸の影響

土井啓利

Hirotoshi Doi

ウシミトコンドリア翻訳開始因子の機能解析

松井亜弓

Ayumi Matsui

ラットの複合金属フラビン酵素における非ヘム鉄ドメイン発現系の構築

米谷元邦

Motokuni Yonetani

ファージディスプレイ法を用いたエンドスタチン結合タンパク質の同定

 

19993月卒業

博士論文・修士論文・卒業研究のテーマ

博士満退

三好洋

Hiroshi Miyoshi

真核生物の翻訳開始因子に関する研究

修士終了

鈴木晶

Aki Suzuki

真核細胞の翻訳開始因子eIF-4Eのタンパク質合成効率に与える影響

学部卒

赤城尊子

Takako Akagi

Helicobacter pylori菌由来のニトロ還元酵素RdxAのタンパク質工学とX線結晶構造解析

岩崎綾子

Ayako Iwasaki

安定なミニへアピン構造をつくる一本鎖DNA断片についての研究

木村晃子

Akiko Kimura

αへリックス形成ポリペプチドの荷電状態とらせん構造形成の関係

齋藤陽子

Yoko Saito

葉の形成に関わる因子の遺伝子解析

櫻井大祐

Daisuke Sakurai

慢性関節リウマチの原因候補遺伝子の検索

佐々木藍子

Aiko Sasaki

ポリソームの超微形態的観察

久野有里

Yuri Hisano

ひら茸のプロテアーゼ・インヒビターのアミノ酸置換による阻害作用の変化

真鍋尚行

Naoyuki Manabe

ヒトT細胞白血病ウイルスの転写活性化因子Taxが細胞周期に及ぼす影響

柳井秀元

Hideyuki Yanai

プロテアーゼ・subtilisinのプロ領域の構造安定化と成熟体領域の高次構造形成能への影響

山本真純

Masumi Yamamoto

ムール貝のミトコンドリアのメチオニンtRNAの精製と構造解析

 

19983月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

武井俊朗

Toshiaki Takei

両親媒性α-らせん構造を形成するポリペプチドの集合

学部卒

池田佳代子

Kayoko Ikeda

アフリカツメガエル翻訳開始因子eIF-4EmRNA翻訳調節

井出寛子

Hiroko Ide

翻訳開始因子eIF-4E変異体の発現とその機能

及川成人

Shigeto Oikawa

α-へリックス形成ポリペプチドの末端修飾による安定性への影響

佐藤徹

Toru Sato

開始コドン付近の塩基配列がタンパク質合成に及ぼす影響

杉山賢

Ken Sugiyama

Yeast Protease B Inhibitor 2C末端領域欠失変異体の阻害作用

西田幸治

Koji Nishida

RecA蛋白とDNAの相互作用に関する研究

柳澤好美

Yoshimi Yanagisawa

ミニヘアピン構造をとる一本鎖DNA断片の安定性

 

19973月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

小川功

Ko Ogawa

スカッシュ型プロテアーゼ・インヒビターCMTI-Iのアミノ酸置換による阻害活性変化

片野万里子

Mariko Katano

真核生物の遺伝子の相同的組換えに関与する蛋白質

西郷幹

Motoi Saigo

翻訳開始因子eIF-4E DNAのクローニングと発現制御に関する研究

酒井伸也

Nobuya Sakai

真核細胞の翻訳開始因子eIF-4Eの機能と構造に関する研究

鈴木誠

Makoto Suzuki

好熱好酸性古細菌由来シャペロニンの発現系の構築とキャラクタリゼーション

二見智浩

Tomohiro Futami

真核細胞mRNAの構造と翻訳効率の関連

皆川徹也

Tetsuya Minagawa

ズブチリシンのプロ配列の大腸菌による発現とアミノ酸置換によるプロテアーゼに対する阻害活性変化

湯澤聰

Satoru Yuzawa

核磁気共鳴法とX線小角散乱法によるアダプター型蛋白質Grb2の溶液構造の解析

学部卒

伊東孝祐

Kosuke Ito

翻訳開始因子eIF-4Eの遺伝子発現系の作製

小西美佐子

Misako Konishi

蛋白質工学的手法を用いたプロテアーゼインヒビター オボムコイド・ドメイン3の機能-構造相関の研究

鈴木晶

Aki Suzuki

翻訳開始因子eIF-4Eの細胞内存在量とmRNAの翻訳効率

出口弥希

Miki Deguchi

酵母プロテアーゼインヒビターYIB2の遺伝子工学的発現とキャラクタリゼーション

平井珠紀

Tamaki Hirai

メッセンジャーRNAcap結合蛋白質の大腸菌内での発現と精製

安彦行人

Yukuto Yasuhiko

予定細胞死(アポトーシス)に関わるICE/CED-3蛋白質ファミリーに結合する蛋白質の探索

吉野昌国

Masakuni Yoshino

ポリペプチドの長さとα-へリックス形成の関係

 

19963月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

五十嵐俊

Shun Igarashi

スカッシュ型プロテアーゼインヒビターCMTI-Iのアミノ酸置換による活性変化

栗城ゆきの

Yukino Kuriki

α-へリックス形成ポリペプチドの遺伝子工学的合成とキャラクタリゼーション

鈴木勤

Tsutomu Suzuki

mRNAのキャップ構造に特異的に結合するRNAの探索

高木信幸

Nobuyuki Takagi

プロテアーゼ阻害作用を示すオボムコイドのアミノ酸置換による活性変化

千田昇平

Shohei Chida

好熱性古細菌由来シャペロニンの作用機作に関する研究

松下裕亮

Yusuke Matsushita

光感応性酵素ニトリルヒドラターゼのβサブユニットの機能解析

学部卒

岡沼達明

Tatsuaki Okanuma

放線菌が生産するプロテアーゼ・インヒビターの構造の研究

栗原庸輔

Yosuke Kurihara

異常に安定なミニヘアピン構造をとる一本鎖DNA部分が塩基配列分析に与える影響

相良純一

Junichi Sagara

メッセンジャーRNA中のリボソーム結合配列とタンパク質合成効率の関係

武井俊朗

Toshiaki Takei

ポリペプチドの長さとらせん構造形成の関係

谷澤一伸

Kazunobu Tanizawa

翻訳開始因子eIF-4Eの変異体の作製

中江進

Susumu Nakae

透過型電子顕微鏡及び原子間力顕微鏡によるタンパク質合成装置の解析

 

19953月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

三好克典

Katsunori Miyoshi

カボチャ・プロテアーゼインヒビターの構造−機能相関に関する研究

吉田尊雄

Takao Yoshida

蛋白質合成系の構築と直視技術による解析

学部卒

片野万里子

Mariko Katano

真核生物の遺伝子の相同的組換えに関与する蛋白質

郡山弘

Hiroshi Koriyama

多種の放線菌が生産するプロテアーゼインヒビターの構造分析

近藤真澄

Masumi Kondo

メッセンジャーRNAの構造と翻訳効率に関する研究

西郷幹

Motoi Saigo

タンパク質合成の開始因子eIF-4Eの遺伝子に関する研究

酒井孝士

Takashi Sakai

タンパク質合成の開始因子eIF-4Eの大腸菌における発現

鈴木誠

Makoto Suzuki

好熱菌由来シャペロニン遺伝子の発現系の構築

土居葉子

Yoko Doi

α-へリックス形成ポリペプチドの精製と性質

湯澤聰

Satoru Yuzawa

増殖因子受容体に結合する蛋白質Grb2NMR法による高次構造解析のための精製方法の確立とNMR測定条件の検討

 

19943月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

伏見典子

Noriko Fushimi

大腸菌を用いたオボムコイド・ドメイン3の分泌発現とアミノ酸置換による活性の変化

学部卒

栗城ゆきの

Yukino Kuriki

α-へリックス形成ポリペプチドの遺伝子工学的合成とキャラクタリゼーション

鈴木勤

Tsutomu Suzuki

真核細胞生物におけるメッセンジャーRNAの構造と翻訳効率に関する研究

高橋文雄

Fumio Takahashi

バクテリアにおけるメッセンジャーRNAの構造とタンパク質合成効率の関係

千田昇平

Shohei Chida

古細菌Sulfolobus acidocaldarius由来のシャペロニン遺伝子の遺伝子工学的手法による解析

松下裕亮

Yusuke Matsushita

大腸菌によるニトリルヒドラターゼの大量発現

 

19933月卒業

卒業研究のテーマ

学部卒

高木信幸

Nobuyuki Takagi

ポリオウイルス3Cプロテアーゼの大腸菌における発現とその酵素活性

前田修

Shu Maeda

大腸菌を利用した特定タンパク質の高発現系の解析

三好克典

Katsunori Miyoshi

カエル・カルパインの精製と性質

吉田尊雄

Takao Yoshida

光感応性酵素の発現機構と大量生産に関する研究

 

HOME 2006年度までの軌跡 19912000年度の在籍者


http://www.