20012006年度の在籍者

20014月〜20073

スタッフ

芳賀和子

Kazuko Haga

2001.04-

客員研究員

山田治彦

Haruhiko Yamada

2006.09-

客員所員

市山 進

Susumu Ichiyama

2002.04-2008.03

助手(2007.04からは助教)

橋本祐一

Yuuichi Hashomoto

2003.12-2008.03

科研費研究員

松山美樹

Miki Matsuyama

2003.02-2007.06

技術員

佐藤元康

Motoyasu Sato

2004.04-2005.06

客員研究員

Anton Terasmaa

Anton Terasmaa

2003.10-2004.10

客員研究員

岡田知明

Tomoaki Okada

2001.04-2003.03

客員研究員(科学技術振興事業団職員)

奥田隆志

Takashi Okuda

2001.04-2002.11

客員研究員(東京大学大学院医学系研究科助手)

貝塚千奈

China Kaitsuka

2001.04-2002.10

客員研究員(科学技術振興事業団職員)

冨田尚子

Naoko Tomita

2001.04-2002.10

客員研究員(科学技術振興事業団職員)

松村衣美子

Emiko Matsumura

2001.05-2002.10

客員研究員(科学技術振興事業団職員)

丹羽俊輔

Shunsuke Niwa

2001.10-2002.10

客員研究員(科学技術振興事業団職員)

小森宏信

Hironobu Komori

2001.05-2002.03

客員研究員(三共株式会社)

武田茂樹

Shigeki Takeda

2001.04-2001.10

助手

古川浩康

Hiroyasu Furukawa

2001.04-2001.09

客員研究員(科学技術振興事業団職員)

 

学生

20073月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

牛尾知子

Tomoko Ushio

高親和性コリントランスポーターの四次構造

西川静枝

Shizue Nisihikawa

高親和性コリントランスポーターの構造機能相関

学部卒

今井友理

Yuri Imai

Gq共役受容体−Gs11キメラ融合タンパク質を用いた受容体−Gタンパク質間相互作用の解析

上野寿美

Hisami Ueno

プロテアーゼインヒビターPOIA1によるズブチリシンBPN'の立体構造形成に関する研究

浦島航介

Kousuke Urashima

高親和性コリントランスポーター(CHT1)の膜貫通構造

河野翔介

Shousuke Kawano

ムスカリン受容体・G融合タンパク質の分子間相互作用

平野晋吾

Shingo Hirano

ハプトグロビンの活性部位へのアミノ酸置換によるプロテアーゼへの変換の検討について

室伏祥子

Shoko Murofushi

新規な阻害機構を示すインヒビターとプロテアーゼの複合体の構造解析

渡辺修

Osamu Watanabe

ムスカリン性アセチルコリン受容体M4サブタイプのダイナミン依存的な細胞内移行

星野直哉

Naoya Hoshino

高親和性コリントランスポーター(CHT1)における正電荷アミノ酸残基の役割

 

20063月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

浜野智春

Tomoharu Hamano

高親和性コリントランスポーターのC末端欠損変異体の発現と活性

森澤加乃子

Kanoko Morisawa

ムスカリン性アセチルコリン受容体M4サブタイプの細胞内移行

八木健太郎

Kentaro Yagi

オーファンGタンパク質共役受容体の内在性リガンド検索

根本礼子

Reiko Nemoto

ムスカリン性アセチルコリン受容体とGタンパク質αサブユニットとの相互作用におけるβγサブユニットの効果

学部卒

有井真由

Mayu Arii

合成ペプチドにおける変異導入の影響

加島譲

Jo Kashima

匂い受容体の発現系の構築〜MOR-Golfの大腸菌での発現〜

久保祐二

Yuji Kubo

高親和性コリントランスポーターのトポロジー

齊藤恭子

Kyoko Saito

ムスカリン性アセチルコリン受容体M4サブタイプの細胞内移行におけるGRKの役割

坂井美妃子

Mikiko Sakai

オーファンGタンパク質共役受容体HM74の機能解析

平坂聡

Satoshi Hirasaka

ムスカリン性アセチルコリン受容体M4サブタイプのリサイクリングに関わる領域の探索

松田弘子

Hiroko Matsuda

高親和性コリントランスポーターの酸性アミノ酸残基D158とE451の役割

山田和裕

Yasuhiro Yamada

分子シャペロンとしてのプロテアーゼインヒビターにおける変異導入の効果

若杉歩

Ayumi Wakasugi

アミノ酸置換によるペプチド性ズブチリシンインヒビターの阻害活性の変化

渡辺敬之

Takayuki Watanabe

ムスカリン性アセチルコリン受容体の細胞内第3ループとRGSとの相互作用

  

20053月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

岩原茜

Akane Iwahara

プロテアーゼインヒビターによるズブチリシン立体構造形成促進作用の分子機構に関する研究

林健吾

Kengo Hayashi

高親和性コリントランスポーターの四次構造

学部卒

天野厚

Atsushi Amano

酸化還元タンパク質の大腸菌での発現系の構築と特徴付け

牛尾知子

Tomoko Ushio

高親和性コリントランスポーターのC末端部位の役割

切田裕子

Yuko Kirita

ファージディスプレイ法で得られたズブチリシンインヒビターの構造−機能相関に関する研究

坂本憲司

Kenji Sakamoto

ムスカリン性アセチルコリン受容体M4サブタイプの細胞内移行とリサイクリングにおける細胞内第3ループの役割

志水茉実

Mami Shimizu

Gq共役型受容体−Gα融合タンパク質の調製と解析

田代哲也

Tetsuya Tashiro

プロテアーゼインヒビターPOIA1の遺伝子工学的改変による阻害作用の変化

西川静枝

Shizue Nishikawa

高親和性コリントランスポーターの細胞膜貫通領域の決定

オーファンG蛋白質共役受容体の内在性リガンド検索

  

20043月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

斉藤宏幸

Hiroyuki Saito

ムスカリン生アセチルコリン受容体M4サブタイプの細胞内移行における細胞内第3ループの役割

山田治彦

Haruhiko Yamada

高親和性コリントランスポーターの細胞膜での発現と機能に関するチロシン細胞内移行モチーフの役割

山本篤史

Atsushi Yamamoto

5-オキソエイコサテトラエン酸(5-oxo-ETE)受容体の同定と機能解析

横川寛

Hiroshi Yokokawa

培養細胞を用いたオーファン受容体のリガンド検索

学部卒

伊藤聡美

Satomi Ito

高親和性コリントランスポーターのリン酸化と構造活性相関

今村加菜

Kana Imamura

受容体-Gsα融合タンパク質を用いたオーファンGタンパク質共役受容体のリガンド検索

浜野智春

Tomoharu Hamano

高親和性コリントランスポーターのC末端欠損変異体の発現と活性

森澤加乃子

Kanoko Morisawa

Gタンパク質共役受容体キナーゼ2(GRK2)活性化領域の同定

八木健太郎

Kentaro Yagi

G16α発現培養細胞を用いたオーファン受容体のリガンド検索

矢口佳世子

Kayoko Yaguchi

ハプトグロビンの遺伝子工学的改変による機能変換

根本礼子

Reiko Nemoto

大腸菌を用いたムスカリン性アセチルコリン受容体-Giα融合タンパク質発現系の構築

 

20033月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

大澤千恵子

Chieko Osawa

高親和性コリントランスポーターの機能解析

城島依里

Eri Jojima

ムスカリン性アセチルコリン受容体のサブタイプ特異的細胞内移行とリサイクリング:細胞内第3ループの役割

福原健一

Ken-ichi Fukuhara

ハプトグロビンの遺伝子工学的改変による機能変換

学部卒

青地雄司

Yuji Aochi

オーファンGタンパク質共役受容体の内在性リガンド検索

岩原茜

Akane Iwahara

疎水面構成アミノ酸のPheへの置換による両親媒性αヘリックスの立体構造変化

岡良彰

Yoshiaki Oka

ムスカリン性アセチルコリン受容体M2サブタイプ細胞内第3ループの大量発現系の構築

中村徹

Toru Nakamura

高親和性コリントランスポーターの膜貫通領域変異導入による構造機能相関

林健吾

Kengo Hayashi

高親和性コリントランスポーターの大量発現系の構築

村上匡史

Tadashi Murakami

ファージディスプレイ法を用いて得られたズブチリシン結合ペプチドの阻害活性

氷室光一朗

Koichiro Himuro

オーファンGタンパク質共役受容体の内在性リガンド検索

 

20023月卒業

修士論文・卒業研究のテーマ

修士終了

齋藤雅子

Masako Saito

NMRを用いた高度好熱菌RecA中央ドメインとATP及び単鎖DNAとの相互作用の研究

清水誠

Makoto Shimizu

ファージディスプレイ法を用いた新規プロテアーゼインヒビターの創製

舘野久美子

Kumiko Tateno

イオンビーム照射により単離された、モデルマメ科植物、ミヤコグサの根粒過剰着生変異体の解析

米谷元邦

Motokuni Yonetani

カスパーゼ8,10のプロドメインによるNF-κB活性化のメカニズムの検討

学部卒

斉藤宏幸

Hiroyuki Saito

Gタンパク質受容体キナーゼ(GRK2)の精製系の確立

田辺弘明

Hiroaki Tanabe

ムスカリン性アセチルコリン受容体とGタンパク質αサブユニット(Gi1α)の融合タンパク質の機能解析

中島旭

Akira Nakajima

新規Gタンパク質共役受容体のリガンド検索

西山順之

Nobuyuki Nishiyama

高親和性コリントランスポーター(hCHT1)C末端部分の役割

山田治彦

Haruhiko Yamada

高親和性コリントランスポーター遺伝子の転写調節領域の解析

山本篤史

Atsushi Yamamoto

オーファンGタンパク質共役受容体のリガンド検索

横川寛

Hiroshi Yokokawa

ムスカリン性アセチルコリン受容体細胞内第3ループと相互作用する蛋白質の検索

 

HOME 2006年度までの軌跡 20012006年度の在籍者


http://www.