ホーム > 学科・専攻紹介
学科・専攻紹介
サイエンスインタビュー
理学部の改革について
生命科学プロジェクト
目白の杜の科学散歩

学科・専攻紹介



少数精鋭で、最高の教育と研究をめざす
 
「今日・明日の応用」につながる実用的な問題ではなく、「十年後、あるいは、百年後の応用」を生みうる基礎的な問題に取り組むのが、理学の研究です。 学習院大学理学部は、小さな学部ですが、それだからこそ、世間の流行に惑わされず、本当に重要なテーマについてじっくりと研究できる空気が生きています。
教育についても、同じことが言えるでしょう。 明日には役だっても十年後には使えなくなる技術を伝えるのではなく、時代が変わっても色あせることのない「基礎的な力」を身につけてほしいと願って、手間のかかる少人数教育をつづけています。 時代がどんなに変わろうと、人として学生さんと接し、お互いの顔を見ながら指導するのが、最良の教育の方法だと信じています。
カタカナ名称の学部・学科が増える今日にあっても、私たちは、理学部、物理学科、化学科、数学科(そして、生命科学科)という名称を守り続けています。 それは、時代に流されない、真の基礎を追求しているという誇りと自信の現れと言っていいでしょう。


学科・専攻紹介

世界にひそむ
普遍性を探る。
 写真:物理学イメージ
自然界における
変化を探る。
 写真:化学イメージ

数と空間を
研究する。
 写真:数学イメージ
命の神秘を
解き明かす。
 写真:生命科学イメージ
ページの先頭へ

授業風景

 写真:演習

演習

本格的な問題を自分の手で解いて、クラスの前で発表する時間です。
大学生にしか味わえない緊張感と喜びがあります。

 写真:学生実験

学生実験

化学科、物理学科の学生は1年生のときから学生実験に取り組みます。
学年が上がるほど本格的な実験に挑戦できます。

 写真:講義

講義

教員は教育について一家言をもった個性派ぞろいです。各々が最高の講議を行うべく意欲に燃えています。
もちろん、質問も議論も大歓迎です。

 写真:演習

セミナー

数学科1年生の「基礎セミナー」をはじめ、学生が自ら選んだテーマを小グループで学ぶ「数学輪講」、そして各学科の4年生の卒業セミナーは、少人数制教育です。

 写真:卒業研究

卒業研究

4年生の全員がいずれかの研究室のメンバーになり、本格的な研究に参加します。大学の中に自分の本拠地ができます。
総まとめとなる卒業研究の発表会は、プレゼンテーションの練習ができる場でもあります。

 写真:大学院

大学院

大学院生は、理学部の研究活動の主力です。大学院生の多くは本学部の卒業ですが、他大学からの進学者も活躍しています。
ほとんどの大学院生が、学会や国際会議で研究成果を発表し、その際理学部より国内はもとより外国で発表する院生にも旅費と学会参加費が補助されます。

【大学院研究指導スケジュール】
物理学専攻博士前期課程 / 物理学専攻博士後期課程
化学専攻博士前期課程および博士後期課程
数学専攻博士前期課程 / 数学専攻博士後期課程
生命科学専攻博士前期課程および博士後期課程