安全への取り組み

災害への備え

学習院では、幼稚園も含めた目白キャンパス全体で
防災対策に取り組んでいます。

園児を災害から守るために、

  • 地震や火災を想定した避難訓練(引き渡し訓練も含む)を行っています。
  • 緊急時の連絡手段として、保護者あての緊急メールの一斉配信システムの導入、また幼稚園への緊急時の連絡も可能となるよう、情報伝達に対応しています。
  • 緊急地震速報受信装置を設置しています。
  • 非常時の通信手段として衛星電話を配備しています。
  • 備蓄品とヘルメットは、保護者の分も含めて十分に用意しています。また、停電に備え発電機も完備しています。

防犯

目白キャンパスの入り口には守衛さんが常駐し、定期的な
巡回・警備を行っています。

安心して通える幼稚園であるよう、

  • 学校110番非常通報装置を設置し、速やかに警視庁指令室に通報することができます。
  • 目白キャンパス内および幼稚園内には、防犯カメラを設置しています。
  • 幼稚園玄関前の正門には守衛所があり、通園時の安全や幼稚園周辺の警備を行っています。
  • 毎年、教職員は目白警察のご指導のもと防犯訓練を行っています。さらに、保護者向けには防犯講習会を行っています。

安全な保育環境

安心して生活できる保育環境を整えています。

幼稚園の園舎は耐震基準を満たした安全な建物です。

より安全な保育環境を目指し、

  • すべてのガラス戸には飛散防止フィルムを貼付し、安全に配慮しています。
  • 遊具は日常の点検に加えて、学期ごとに専門業者による点検も行っています。
  • 保健室には看護師が常駐しているほか、園医による健康相談も行っています。
  • 園内にAED(成人・小児対応)を設置しています。
  • すべての教職員が東京消防庁による普通救命講習を受講し、緊急時には適切な処置を施せるよう心掛けています。