HOME > 教員スタッフ紹介 > 秋山 史子 助教

教員スタッフ紹介

秋山 史子 助教 教育心理学  

<主要著書・論文>
・大学生の進路選択に対する自己効力感,就業動機,および職業未決定の関係 (2015). 学習院大学人文科学論集,24,203-222.
・職業レディネス・テストの改訂に関する研究─大学生等の就職支援のための尺度の開発―(共著) (2020). JILPT資料シリーズNo.230.
・「やる気」の源とその効果を考える (2021). 日本労働研究雑誌 No.729,98-99.



<研究分野>
  専門は教育心理学,特に動機づけ(一般的には「やる気」や「意欲」と呼ばれるもの)に関心があります。研究のきっかけは大学生時代,大学合格を目指す高校生たちを支援していた経験からでした。「同じ大学への合格を目指していても,生徒によって勉強への取り組み方が異なるのはなぜだろう?」そんな素朴な疑問から,「動機づけ」に関心を持ち,研究への入り口に立つこととなりました。

先人たちによる動機づけ研究を勉強していく中で,「やらなければならない課題に対して動機づけが高い人もいれば,そうでない人もいる。その違いを生む原因は一体何だろう?」という疑問を持つようになりました。動機づけの高低を左右するものは何か,もしその原因を明らかにできれば,動機づけを高め,積極的に取り組むことを促すサポートが可能となるのではないかと考えています。

そうして現在は,「やらなければならない課題」として就職活動を材にし,大学生を対象に研究しています。大学生の動機づけの「違いを生む原因」は何かを明らかにするべく,日々研究に邁進しています。



ページトップへ戻る