修了後のこと - 司法試験結果/合格者の声

司法試験結果

令和元年司法試験において、本法科大学院から51名が受験し、短答式試験合格者は38名、最終合格者は6名(既修者5名、未修者1名)でした(令和元年9月10日発表)。合格された方々の今後のご活躍を期待するとともに、惜しくも不合格となられた方々、および在校生に対しては、今後とも、本学の教育理念に基づき、より一層基礎力の定着に力を入れ、きめ細やかに指導を行っていきたいと思います。来年も一層多くの優秀な法曹を送り出せるよう、教員スタッフ一同尽力してまいります。


令和元年9月11日 法務研究科長 若松 良樹

司法試験合格者数

司法試験実施年 受験者数 合格者数 合格者数コース別内訳
法学既修者 法学未修者
2019(令和元)年 51651
2018(平成30)年 7616115
2017(平成29)年 851183
2016(平成28)年 10614113
2015(平成27)年 1111385
2014(平成26)年 1041284
2013(平成25)年 63770
2012(平成24)年 8516142
2011(平成23)年 8018153
2010(平成22)年 9419163
2009(平成21)年 8621183
2008(平成20)年 8720164
2007(平成19)年 6719181
2006(平成18)年 491515-
合計
(延べ人数)
1,14420717037

司法試験合格者の声

※授業の名称は原則として出席者の履修当時のもので、現在は名称が異なる場合があります。

平成30年度合格者

吉田 晴香

吉田 晴香

2016年3月修了
(法学既修者コース)
立教大学法学部法学科卒

自分なりに試行錯誤して、向かった道。悩みながら進んだこの時間に後悔はない。

 幼い頃から正義感が強かったと思います。小学生の頃は弁護士や検事が活躍するドラマや映画が多く、困っている人の力になれるのはかっこいいなと漠然と思っていたことが法曹へのきっかけになっているのだと思います。
 本学を選んだのは、私は勉強があまり進んでいなかったこともあり、大学の先生からしっかりと勉強に打ち込める環境で、先生の質が高い学習院法科大学院が良いのではないかとすすめていただいたことが一番の理由です。
 数々の先生に支えていただいたのですが、なかでも刑事訴訟法の安村先生には、友人と3人で2月くらいまでずっと隔週で答案を見ていただいたりと、かなりお世話になりました。時に厳しい意見をいただき、親身になっていただいたことを感謝しています。
 刑事実務と民事裁判はどちらも模擬的な裁判を行うのですが、準備がとても大変だったこともあり、印象に残っています。起訴状を元に、どこを争点として決めるのかなど、チーム内で意見を出し合いまとめる難しさを知りました。緊張感があり、本番さながらに行うので、リアルに将来をイメージでき、法曹への思いを一段と強くしたことを覚えています。
 3年かかりましたが、3年全部必要だったと今は思います。自分なりに試行錯誤して、向かった道。悩みながら進んだこの時間に後悔はありません。この先、きっと活きてくるのだと感じています。ロースクールにいる間は、全部吸収してほしいです。無駄になることは何もありません。最後までどうか諦めないでください。

本学の施設や環境について教えてください。
自習室や演習室は勉強に集中できる環境でした。特に自分専用の机があることがありがたかったです。勉強に飽きたら散歩できることもよかったです。緑豊かでマイナスイオンを感じ、若い大学生の会話を耳にして、エネルギーをもらっていました。
モチベーションを維持する方法とは?
気持ちの波を作らないように、ルーティンを決めるようにしました。朝5時過ぎに起床して、6時過ぎの電車に乗って、7時半には学校に来て夜は17時には帰宅する。と決め、1日のリズムを大切にしました。あとは昨年の成績表を頻繁に見返して、刺激剤にしていました。
司法試験に向けて重視していたこととは?
苦手科目を重点的に向上させることを徹底的にやりました。刑事訴訟法は、安村先生を頼り(笑)、「法実務講座」で論文を先輩に見ていただきました。できるだけ自分独りで勉強するのではなくて、先輩や先生に、客観的に評価してもらいながら自分の答案を見ていただくことを重視しました。
吉田 晴香
今後の目標

弁護士になりたいと思っています。民事一般を扱う、街の弁護士になりたいです。困っている人の色々な相談に対応できるような、人の助けになるような弁護士になれたらと思っています。

芦澤 亮

芦澤 亮

2014年3月修了
(法学未修者コース)
山梨学院大学法学部
法学科卒

憧れた法曹への道、辞めようとは一度も思わなかった。自分の描いた未来を勝ち取ってほしい。

 大学で講義を担当していた弁護士の先生との出会いが法曹を目指したきっかけです。困っている人たちと誠実に向き合い、問題を解決しているその姿に憧れ、自分も目指そうと決意しました。
 大学のゼミで先生に相談したところ、優秀な講師陣が揃い、少人数制で一人ひとりにきめ細やかに教えてくれる、なかなかロースクールでは珍しいとのアドバイスを受け、本学への入学を決めました。入学してみるとその通りで、先生たちともかなり身近でした。少人数だからこそ友人とも絆が深くなり、共に勉学に励む仲間がいる心強さを感じました。
 どの先生も大変お世話になったのですが起案等指導の先生には時間感覚の意識付けにおいて、とても影響を受けました。授業中に問題を配られ、時間内に解いて見てもらうのですが、「時間内に書けてないものは意味がない、評価に値しない」と、時間内に解くことを重要視されていて、試験で時間内に答案を作りあげるスキルはここで身についたと感じています。
 基本書はきちんと自分で理解するまでしっかり考えて読むことが大事。それでもわからなければ、先生や友人に恐れず聞くこと。自分では気がつかなかった箇所にも気づけます。そして、アドバイスをしてくれた時は素直に聞く姿勢を忘れずにいてください。
 自分は今回、5回目で合格しました。挑戦して、絶対受かると思っていました。辞めようとは一度も思わなかった。それほど憧れた先生の姿が強烈だったんです。みなさんも自分の描いた未来を勝ち取ってください。

本学の施設や環境について教えてください。
キャンパスに緑があり、池もある。息抜きに散歩したり気分転換の助けになりました。自分専用の机にロッカーと本棚が揃っていたのもよかったです。集中できて、在学中はほとんどの時間を過ごしました。
モチベーションを維持する方法とは?
やる気が下がった時には、初学者向けの本を読むようにしていました。「すぐに諦めなくても大丈夫!」など、はげますような言葉が書かれていて救われました(笑)。あとは、別の分野で頑張ってる友人と話し、自分も頑張ろうとモチベーションを上げていました。
司法試験に向けて重視していたこととは?
何を、どの程度書けば合格できるのか、過去問を分析して把握することが大切だと思います。1位で合格する必要はないので、どれは落としても大丈夫なども分析すること。また、基本書はただ、漫然と読むのではなく、答案を書くときに使えるように、ポイントを考えながら読む方が覚えやすいです。
芦澤 亮
今後の目標

弁護士を志望しています。これから司法修習で幅広い法律知識を学び、社会に貢献できるような弁護士になっていきたいと思っています。分野などは、まだ具体的に決まっていないのですが、これからたくさん見て、決めていけたらと思います。

平成29年度合格者

江渡 倫子

江渡 倫子

2014年3月修了
(法学既修者コース)
学習院大学法学部法学科卒

今、できることを必死にやること。
恩師の言葉に何度も支えられ、合格へ。

小学生の頃から漠然とあこがれていた法曹への夢。具体的になったのは学習院大学法学部へと進学し、法律の奥深さや人の役に立てる仕事だと実感したことからです。学生の頃から大学の雰囲気が合っていたこと、ゼミの先生が大学院でも教鞭を取られるとのこともあり、大学院も引き続き学習院で学ぶことを決めました。
 すべての授業や先生にお世話になりました。中でも印象に残っているのは対話形式で進むソクラテスメソッドです。特に西田先生は教室中を歩かれながらふいに質問を投げかけ、実際の会話の中で常に回答を求められました。応用力、思考を止めない癖の形成に役立ったと思っています。
 選択科目で選択していた神前先生の国際私法は、これだけで国際私法についての司法試験の準備は整うほど充実した内容でした。
 スタート時のレベルは人それぞれ。私は基礎力がないまま院に入り、つい周囲と比べて不安になったりもしました。けれど「今、できることを必死にやること」が結局は大切だと思います。予習を一生懸命やる、授業は休まない。一回でも休むと気持ちが途切れてしまう。地道ですがここが基本です。
 辛い時に何度も支えられた植村先生の言葉があります。「今、授業に耐えられないようだったら、他人の人生を左右するような法曹の仕事には絶対に耐えられない。あたりまえの努力さえしていれば受かる試験だと思いなさい」。このような先生方の言葉や授業に助けられ、合格に繋がったのだと思っています。

自習室や施設の使い勝手はいかがでしたか?
私は、数時間ごとに環境を変えた方が集中する性格でしたので自習室、図書館、学生自習室など色々な場所で勉強ができる環境が整っていることがありがたかったです。
本学の環境の良さはいかがですか?
大学から慣れ親しんだキャンパスは緑も多く、勉強で疲れた気持ちをリフレッシュしてくれたと思います。散歩するだけで救われたりしました。
長丁場の受験期間を乗り切るコツは?
感情の振れ幅が大きくなると、元の状態に戻すことはとても大変になります。ですから、いい成績の時もあまりよくない時にも、常に感情をフラットに保つことを心がけました。一喜一憂するよりも、結果をどうやって次に活かすかに注力することが大切だと思っています。
今後の目標

現時点では、検察官志望ですが、弁護士や判事も視野に入れ、これからはじまる司法修習で、多くの法曹の方々とふれ合いながら、自分が進む道を決めていきたいと思っています。

平成28年度合格者

渡辺 智己

渡辺 智己

2012年3月修了
(既修者コース)
明治大学法学部卒

教授との距離が近い少人数教育とゼミを活用した試験対策で合格を勝ち取りました。

弁護士である父の背中を見て育つ中で法曹をめざし、本法科大学院を選びました。その理由は、当時、憲法を担当されていて、ぜひ学んでみたいと思った先生がいらっしゃったこと、また、「少人数制」という環境に身を置きたかったからです。
 充実した授業が多い中でも特にインパクトがあったのは「刑事訴訟法」の授業です。実務家(検察官)の先生の授業だけあって、法廷さながらの緊張感が教室にも漂っていたのが印象的でした。また、少人数で指導を受ける「起案等指導」の授業では、法曹に不可欠な論理的な文章作りをしっかりと学ぶことができました。先生方はとても親身で、法科大学院修了後にも、引き続きご指導をいただくことができ、勉強の大きな励みとなりました。
 法科大学院で学ぶ上で大切なことは、各授業の予習・復習をしっかりとやるという日々の積み重ねだと思います。その中で自分が理解できていないことがあれば、すぐに同級生や先生方に気軽に質問できることが、少人数制である本法科大学院の大きなメリットだと感じました。
 司法試験対策としていちばん役立ったと感じたのは、同級生と二人で組んだ自主ゼミです。そこでお互いの不明点や疑問点を議論しながら、自分の課題に気づき、不足している知識を補えたことが、司法試験合格につながったのではないかなと思います。

自習室などの使い勝手はいかがでしたか?
自習室と図書館は素晴らしいと思いました。特に図書館は蔵書数がかなり多いという印象です。法律関係書でも他大学の図書館なら1冊しかないような本も複数冊あり、いつでも閲覧できて助かりました。
そのほかに本学の環境の良さはいかがですか?
まず、毎日通うことを考えると目白駅前という立地が最高ですね。学内には緑も多いですし、スポーツジムもあります。日々の勉強量が多いだけに、息抜きは欠かせませんが、その面でも十分な環境が整っていると思います。
長丁場の受験期間を乗り切るコツは?
やはり良きライバルである同級生たちの存在を意識しながら、自分の現状レベルをしっかりと認識して励みにすることかなと思います。私は、修了後合格まで時間がかかりましたが、その間、常に先に受かった同級生たちを意識していました。
今後の目標

弁護士の道に進みたいと思います。私は高校まで野球をやっていましたので、その経験を活かして、将来はスポーツ業界やアスリートたちに、弁護士という立場で何か貢献できればと思います。

丹治さやか

丹治さやか

2013年3月修了
(既修者コース)
慶應義塾大学法学部卒

授業と基本書で基礎をしっかりと学び知識を積み重ねることで憧れの法曹界へ。

弁護士事務所でのアルバイトを通して、法律で人助けをされている弁護士さんたちの姿に感銘し、法曹をめざしました。本法科大学院を選んだ理由は、「少人数制」であることが第一にありました。というのも私は自分に甘く、自己管理能力に欠けている面がありましたので、その点を先生方との距離の近さによって補おうと思ったからです。また民法の能見善久先生をはじめ、著名な先生方が揃っていることも魅力でした。
授業では特に大橋洋一先生の「行政法3」が印象に残っています。対話形式の授業が多い中で、「行政法3」は時間内に問題を解いていくというスタイルの授業内容でしたので、司法試験対策としても大いに役立ちました。また「模擬裁判」では裁判官役を担いましたが、日ごろの勉強で得た知識を実際の法廷ではどう活かすのか、ということが実践的に学べ、同時に法曹になることへのモチベーションも高めてくれました。
司法試験に向けて大切なことは、「基本書」をしっかり読み込むことだと思います。その土台の上に新たな知識を積み重ねていくことを心がけるようにしました。そして、疑問はすぐに解消させること。本法科大学院の先生方は、授業中や個別対面だけでなくメールなどでも質問に答えてくださいます。いつでも様々な方法で先生方に質問できたことは、司法試験合格への大きな支えになったと感謝しています。

自習室などの使い勝手はいかがでしたか?
とても快適でした。自分専用の広めのデスクや本棚があり、つい、自分の部屋のように使ってしまいました(笑)。本の詰まった重い荷物を毎日運ぶということはありませんでしたので、通学時もすごく助かりました。
そのほかに本学の環境の良さはいかがですか?
勉強面では図書館の充実した環境がすごく役立ちました。また、法科大学院の校舎の最上階に美味しいレストラン、1階にはサンドイッチ屋さん、そして近くの建物にはコンビニがあったことも、勉強の息抜きにも使えてとても良かったですね。
長丁場の受験期間を乗り切るコツは?
自分がついつい避けようとすること、後回しにしようとすることから逃げずに、日々、自分の課題を確認し、すべきことと向き合っていくことかなと思います。
今後の目標

個人事務所を営んでいる先生のお手伝いをした経験から、将来の目標は、自分の個人事務所で弁護士活動をすることです。そのために、幅広い分野の法律知識を得ることを課題に経験を積んでいきたいと考えています。