小村公園(電気遊園)






 大広場から西通り(朝鮮銀行と警察署の間)をまっすぐ西南方向に進むと、小村公園にぶつかる。ここは1909年に設けられた大型の複合的娯楽施設で、花園、温室、演芸場、射的場、動物園、図書館、喫茶店、そして目玉であるメリーゴーランドなどが設置されていた。もともとは「電気遊園」といったが、1938年、小村寿太郎の功績を記念して「小村公園」と改称された。ちなみに夏目漱石(1867~1916)は1909年に大連を訪れた際、馬車から開館直前の同公園をはるかに望み、「あれは何だいと車の上で聞くと、あれは電気公園と云って、内地にも無いものだ。電気仕掛でいろいろな娯楽をやって、大連の人に保養をさせるために、会社で拵えてるんだと云う説明である。電気公園には恐縮したが、内地にもないくらいのものなら、すこぶる珍しいに違いないと思って、娯楽ってどんな事をやるんだと重ねて聞き返すと、娯楽とは字のごとく娯楽でさあと、何だか少々危しくなってきた。よくよく糺明して見ると、実は今月末とかに開場するんで、何をやるんだか、その日になって見なければ、総裁にも分からないのだそうである。」と『滿韓ところどころ』に書いている。同公園は終戦後、魯迅公園、動物園などに転用された後、現在では取り壊されて、大規模なマンションが建っている。





dairen_geore_008:○大連○花の世界、小村公園内の溫室


 写真は同公園内に設けられた温室である。

古絵はがき(表)

古絵はがき(裏)


dairen_geore_019:大連電氣遊園


 撮影ポイントは未詳。

古絵はがき(表)

古絵はがき(裏)


dairen_geore_072:大連ノ電氣遊園


 撮影ポイントは未詳。

古絵はがき(表)

古絵はがき(裏)


dairen_geore_080:大連電氣遊園内花園ト溫泉


 撮影ポイントは未詳。

古絵はがき(表)

古絵はがき(裏)


dairen_geore_089:大連名所 電氣遊園地噴水池附近


 撮影ポイントは未詳。

古絵はがき(表)

古絵はがき(裏)