能楽堂






 中央公園内に建てられた能楽堂。





dairen_geore_047:能楽殿


 1922年に中央公園内に明治神宮造営を祝って建築されたが、客席がなく、不便なためにあまり利用されなかった。1935年、大連機械製作所専務取締役の森川荘吉(1877~1951)が私財1万円余りを投じて光明台産霊境界境内に移築した。本絵はがきは1933年2月までに作成された絵葉書の特徴を持つため、移築前の中央公園内にあった能楽殿と思われる。

古絵はがき(表)

古絵はがき(裏)