学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

キャンパスライフMessages from Students

外からのイメージとは違う自由な校風
課外活動も力いっぱい楽しめる

法学科4年(2021年10月現在) 梶田 楽人Rakuto Kajita進路:東芝トランスポートエンジニアリング株式会社

 僕が学習院大学を選んだのは、友人のお兄さんが学習院大学に通っており、とても伸び伸びと学生生活を送っている印象を持ったことがきっかけです。また、他大学には無い、一種独特の雰囲気がある大学だということも選んだポイントになりました。学外の方には学習院大学にとても硬いイメージ、コンサバティブなイメージを持たれている方も多いのではないかと思います。しかし実際には学生の自主性を重視する、非常に自由な校風があり、学習面はもちろんのこと、課外活動においても大学側が全力でサポートしてくれるという側面もあります。僕は、『学習院 輔仁会雑誌』という雑誌を作る団体に所属し、昨年は編集長を務めました。この雑誌は130年の歴史を持ち、かつて三島由紀夫氏が編集長を務めたこともあります。雑誌づくりにおいては、各界の第一線で活躍する卒業生へのインタビューなど、さまざまな経験を積むことができ、そうした活動にも大学側の大きなサポートがありました。
 僕はもともと海外志向があり、ゼミでは国際的な取引をする際に発生し得る法律問題の解決法を学んでいます。就職先もそうした観点で選びました。将来は世界をフィールドに仕事をすることができれば、と考えています。