教員スタッフ紹介 学習院大学文学部心理学科

HOME > 教員スタッフ紹介 > 林 公輔 准教授

教員スタッフ紹介

林 公輔 准教授臨床心理学

<主要著書・論文>
「Discrepancy in Psychological Attitudes Toward Living Donor Liver Transplantation Between Recipients and Donors」Transplantation 2015
「日常臨床における精神療法」(共著)星和書店 2016


<研究分野>
 私は精神科医として働いてきました(そして今も働き続けています)。精神科医療の現場では薬物療法が中心的な役割を担っていますが、私の関心は心理療法とか精神療法と呼ばれているものに向かっています。それは、人と人とが出会った時に生じる化学反応であると表現できるかもしれません。
 そのような化学反応が生じるときに重要な働きをするのが「イメージ」です。例えば夢や絵、物語などがそれにあたります。今私が一番関心のあることは、イメージを通して自分のこころに出会うことです。ですからこのことが、私の研究分野ということになります。
 人は苦しい時や悲しみで胸が張り裂けそうな時、なんとかそこから抜け出そうと試みます。でもそれは容易なことではありません。考えれば考えるほど、もがけばもがくほど、ますます深みにはまってしまうことだってあるでしょう。
 そしてそのような袋小路に陥ってしまった時、自我の働きを超えた「何か」の働きが大切になるように思います。それはきっと、理屈では説明できない「何か」です。そしてそのような「何か」は、夢や絵といった「イメージ」を通して出会うことができるものだと思います。ですから私たちは、苦しみの中に飛び込み、その中で立ち現れてくるイメージを体験すること(生きること)を通して、新たな地平に立てるのだと私は考えています。
 少し話が逸れるかもしれませんが、『千と千尋の神隠し』の主人公は、物語の最後で目の前にいる豚の中に自分の両親がいないことを見破ります。しかし物語のどこにも、見破ることができた理由の説明はありません。彼女があの不思議な世界を必死に生き、成長したことが、見破る力を手に入れたことと深く関係しているはずです。このような、因果律では説明できないプロセスに、私はとてもこころ惹かれます。「イメージ」を通してこころに出会う過程でも、因果律では説明できない「何か」が生じるように思います。

<私の授業>
 今この文章を書いている私は、実はまだ学習院で授業を担当していません。2018年4月から教員として着任する予定だからです(今これを読んで下さっている皆さんと一緒に学習院の一員になることになりますね)。ですから、私はきっとこんな授業をする(したい)、ということを少し書いてみたいと思います。
 先にも述べたように私は精神科医ですから、医学領域についての講義を担当します。心理学を学ぶ上で必要な医学知識や、心理学と医学の重なる領域、そして重ならない領域についてお話ししたいと思います。
 こころと身体は簡単に分けて考えることができません。密接に関連しあっています。ですから、心理学を志すみなさんには、身体のことについても学んで欲しいと思います。心理学的な問題だと思っていたら、実は身体の病気だったということもあります。実際に私は、うつ病ということで入院した方の身体を調べたところガンが見つかり、その治療をすることで精神的な問題も解決したという経験があります。こころと身体の両方に配慮できる態度が、私たちには求められています。
 また、先にも述べたような、イメージとこころとの関連についても一緒に学んでいきたいと思っています。ゼミナールでは実際に手を動かしてイメージと向き合うような、例えば絵を描いたりコラージュを作ったりすることを通して、体験的に学べる工夫をしたいと考えています。
 一方的にこちらから講義するのではなく、できるだけ交互に交流しながら、「また行きたくなるラーメン屋」のような授業ができたらいいなと想像しています。
 

ページトップへ戻る