HOME > 学科オフィス > 在学生へのお知らせ

在学生へのお知らせ


      
■ 令和2年度6月以降の開室時間について

・6月1日(水)~8月24日(月)火・水・木 9:40~15:40(閲覧室の利用は10:00 ~ 15:30) ※11:30~12:30 昼休みのため対応不可 ※土曜日は閉室

・学部4年生・M2で直接登校が必要な場合のみ、閲覧室利用可(G-portで別途連絡の内容参照)

・学部4年生・M2以外の学生については、大学の方針に準じて入校自体の自粛をお願いします

※大学全体のスケジュールに合わせて今後変更する可能性があります

■ 令和2年度5月以降の開室時間について

・5月1日(金)~31日(日) 火・木 9:40~15:40 ※土曜日は閉室

※大学全体のスケジュールに合わせて今後変更する可能性があります

■ 令和2年度4月以降の開室時間について

・4月1日(水)~14日(火) 火水木曜日10:00~16:00 ※土曜日(4月4日、11日)は閉室

・4月15日(水)~ 平常通り

※大学全体のスケジュールに合わせて今後変更する可能性があります

■ 令和元年度 卒業証書・修了証書授与式について
 3月20日(金) 11:00頃~ @中央-302(保証人の方もご入室できます) →中止

■ 令和2年度春季 閲覧室の開室時間について

・2月1日(土)~ 3月31日(火) 平日10:00~16:00、土曜日10:00 ~12:30

(2月6日(木)~ 2月12日(水)一般入試期間中のため閉室)

・2月24日(月・祝) 祝日(天皇誕生日)のため閉室

■ R1年度冬季 閲覧室の開室時間について

*12/25~1/7は一斉休業期間のため閉室

*1/8以降は通常開室

※やむを得ず閉室する場合はG-portでお知らせします

■ 心理学専攻 心理学研究の最前線・本学卒業生による連続講演会第8回

社会的影響過程における自己と他者の相対的関係性」講演会ポスター

吉原智恵子講師(日本福祉大学教授子ども発達学部)

12月17日(火)13:00~14:30@中央-301(予約申込みなしでどなたでもご入室できます)

■ 令和元年度 卒業論文・修士論文書式
 卒業論文書式    修士論文書式
■ 令和元年度夏季 閲覧室の開室時間について

【8月】火・水・木のみの開室(開室時間10:00~16:00)

*8月12日~17日は一斉休業期間のため閉室

【9月】9月3日以降は月~土開室

(平日10:00~16:00、土曜10:00~13:00)

*9月13日以降は通常開室

※やむを得ず閉室する場合はG-portでお知らせします

 

公認心理師関連のお知らせ

■ 2020年度 公認心理師試験 修了証明書・科目履修証明書発行について
 2020年度 公認心理師試験の受験に必要な修了証明書・科目履修証明書の発行手続きは下記となります。
 2020年度 公認心理師試験 修了証明書・科目履修証明書発行について
■ 公認心理師・大学読替対応科目について
 公認心理師の大学読替対応科目一覧表(2019最新版)は下記となります。
 大学(学部)読替対応科目一覧表(2019最新版)
 
 ※個人の履修科目の確認はお電話では承れませんので、各自で証明書を発行してご確認ください。
 参考:各種証明書の発行についてはこちら
 
 ※学部既卒の方が公認心理師受験資格を得るためには、公認心理師対応の大学院で指定科目を履修(Eルート)あるいは省令で定める新しい実務経験プログラムを修了(Fルート)する必要がありますのでご承知おきください(公認心理師カリキュラム等検討会 報告書P.34)。

 ※公認心理師カリキュラム等検討会報告書の通り、2018年4月現在・学部既卒の方は、Eルート、FルートもしくはGルートでの対応となります(公認心理師カリキュラム等検討会 報告書P.34)。
 なお実務経験が5年ある場合は、講習会を受けることで受験資格を得ることができます(Gルート)。

 ※対応科目一覧表に記載がない科目で適用の有無の判断を問い合わせの方は、履修証明を送付いただければ個別に判断いたします。なお返信先のメールアドレスを必ず記入してください。
■ 学習院大学文学部心理学科・公認心理師対応について
 学習院大学文学部心理学科は、2019年度より、公認心理師資格カリキュラムに対応予定です。
 2018年度に入学された方に関しましては、2019年度以降に必要科目を履修していただければ、受験資格を得られる予定です。
■ 公認心理師・大学院読替対応科目について
 公認心理師の大学院読替対応科目一覧表(1月22日改訂版)は下記となります。
 一覧表(1月22日改訂版)    補足
 
 ※個人の履修科目の確認はお電話では承れませんので、各自で証明書を発行してご確認ください。
 参考:各種証明書の発行についてはこちら
 
 ※2000年以前の大学院カリキュラムでは、⑩臨床心理実習に対応できていませんのでGルート(現任者ルート:公認心理師カリキュラム等検討会 報告書P.34)での受験となります。
 ⑩臨床心理実習を履修されている方で特例措置の適用の有無の判断を問い合わせの方は、履修証明を送付いただければ個別に判断いたします。なお返信先のメールアドレスを必ず記入してください。
 
 ※公認心理師制度推進室より、博士前期課程と博士後期課程で履修した科目は合算して考えることができないと回答がありました。 
 
 ※なお実務経験が5年ある場合は、講習会を受けることで受験資格を得ることができます(Gルート)。
 
 ※在学生の方は、上記は関係ありません。

ページトップへ戻る