HOME > 大学院紹介

心理学専攻・臨床心理学専攻 大学院紹介

お知らせ

2018.04.26 平成30年度 大学院説明会・開催日程について  

・2018年6月5日(火)

心理学専攻/16:20-17:20@中央教育研究棟303

臨床心理学専攻/16:20-17:50@中央教育研究棟301

・2018年8月4日(土)

心理学専攻/14:00-15:00@西1号館104

臨床心理学専攻/14:00-16:00@西1号館101

・2018年10月27日(土)

心理学専攻/14:00-15:00

臨床心理学専攻/14:00-16:00

⇒ 詳細

2018.01.18 学習院大学大学院人文科学研究科臨床心理学専攻博士前期課程は、2018年度より公認心理師資格カリキュラムに対応いたします。
2017.05.16 平成29年度 大学院説明会・開催日程について

⇒詳細

心理学専攻

心理学専攻:博士前期課程

心理学専攻では、心理学の研究能力の基礎を身につけることを目標としています。学習心理学、認知心理学、社会心理学、発達心理学および教育心理学を専門とする教授陣がそろっており、これらの分野での研究指導を行っています。




心理学専攻:博士後期課程

心理学専攻博士後期課程では、博士前期課程での研究成果を踏まえて、さらに研究を深めることを目的としています。そして、博士論文を執筆して博士号を取得し、研究を職業とするための成果と能力を身につけることを目指します。



臨床心理学専攻

臨床心理学専攻:博士前期課程

臨床心理学専攻は、心理臨床の実践力とともに、これを臨床心理学に体系化し社会に還元する臨床心理学研究力を養成することを目標としています。本専攻は平成23年度より、(公益社団法人)日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士養成の第1種指定大学院として、心の専門家である臨床心理士を社会に送り出しています。その養成の基盤となるのは、学習院大学心理相談室の運営です。臨床心理士教員が力を合わせて相談室活動に対する大学院生の取り組みを見守り、支えています。



臨床心理学専攻:博士後期課程

博士後期課程は、心理臨床の実践と研究を統合した学びの場として構想されています。
臨床心理学専攻の博士後期前期課程を修了された方、臨床心理士の資格を持つ方が、心理臨床の技能を磨き、その実践を体系化する理論を構築し、実践の基盤となる臨床心理学の研究に特化された博士後期課程です。



ページトップへ戻る