HOME > 専攻紹介

Department of Education Faculty of Letters Gakushuin University

専攻紹介

教育学専攻の特徴

 教育学専攻は、平成27年度に創設された人文科学研究科の中では最も新しい専攻です。本専攻は、教育のプロフェッショナルとして高度の専門的知識と実践的見識を学ぶ大学院です。本専攻の特色は、以下の5点にあります。

  1. グローバル化時代の21世紀型の学校を担うにふさわしい教育のプロフェッショナルの養成をめざします。教育学研究、教科教育、ボランティア教育、市民性の教育の最先端の知識と見識が培われます。
  2. 学習目的から、教育基礎学コース、教育実践学コース、教育創造コースの3コースから最もふさわしい課程が選べます。
  3. 専門家教育の中心は理論と実践の統合にあることから、各コースとも事例研究を充実させています。専門家として省察と判断の力を高めることができます。
  4. ボランティア教育、市民性の教育など、現代性の高い専門的知識が得られます。
  5. 目白駅から30秒という好立地のため、首都圏の方は在職のまま入学し履修することも可能です。5限(16時20分開始)と6限(18時開始)と集中講義の授業を多数準備しています。

3つのコースとカリキュラムの特徴

 本専攻は、以下の3つのコースを設け、目的別の教育を行います。ただし、コース間の境界は緩やかで、他コースの履修は自由です。

◆ 教育基礎学コース

教育学の専門的研究を中心とするコースです。最先端の教育学の知識を教育し、高度の専門性を備えた教師(前期課程・後期課程)、教師教育に携わる研究者(後期課程)を養成します。

◆ 教育実践学コース

授業研究、各教科教育研究を中心とするコースです。21世紀型の授業と学びを推進する専門性の高い教師(前期課程・後期課程)、教師教育に携わる研究者(後期課程)を養成します。

◆ 教育創造コース

市民性の教育、ボランティア教育、環境教育など、教育の現代的課題を中心に専門性の高い教師(前期課程・後期課程)、教師教育に携わる研究者(後期課程)を養成します。

 これらの目的を達成するために、専任教員の他に、各分野の第一線で活躍する講師陣によって、質の高い大学院教育を実現します。

開設科目

◆ 博士前期課程

科目の種類 科目
必修科目 学校教育事例研究Ⅰ
修士論文指導
選択必修科目 教育基礎学コース 教育史事例研究Ⅰ
教育史特殊研究Ⅰ
教師教育概説
教師教育事例研究Ⅰ
教師教育特殊研究Ⅰ
教育行政概説
教育行政事例研究
教育行政特殊研究
教育実践学コース 授業研究概説
授業研究事例研究Ⅰ
授業研究特殊研究Ⅰ
音楽教育概説
音楽教育事例研究
音楽教育特殊研究
国語教育概説
国語教育事例研究
国語教育特殊研究
算数教育概説
算数教育事例研究
数学教育特殊研究
美術教育概説
美術教育事例研究
美術教育特殊研究
英語教育概説
英語教育事例研究
英語教育特殊研究
教育創造コース 社会科教育概説
社会科教育事例研究Ⅰ
社会科教育特殊研究Ⅰ
特別活動概説
特別活動事例研究Ⅰ
特別活動特殊研究Ⅰ
体育教育概説
体育教育事例研究
体育教育特殊研究
理科と環境概説
理科と環境事例研究
理科と環境特殊研究
持続可能性の教育概説
持続可能性の教育事例研究
選択科目 他専攻設置科目
各専攻共通科目
大学院交流科目

◆ 博士後期課程

科目の種類 科目
必修科目 学校教育事例研究Ⅱ
博士論文指導
選択必修科目 教育基礎学コース 教育史事例研究Ⅱ
教育史特殊研究Ⅱ
教師教育事例研究Ⅱ
教師教育特殊研究Ⅱ
教育実践学コース 授業研究事例研究Ⅱ
授業研究特殊研究Ⅱ
芸術教育事例研究
芸術教育特殊研究
言語教育事例研究
言語教育特殊研究
教育創造コース 社会科教育事例研究Ⅱ
社会科教育特殊研究Ⅱ
特別活動事例研究Ⅱ
特別活動特殊研究Ⅱ
選択科目 他専攻設置科目
各専攻共通科目
大学院交流科目
ページトップへ戻る