トップページへ戻る研究室から > レポート作成の手引き
研究室から書庫利用案内卒論卒研

レポート作成に当たっての注意

ネット利用上の注意点

(1) できるだけ確実なソース(情報源)にあたる

 ネットで見つかる「資料」はすべてが確実であるとはいえないので, できるだけ確実なソースにあたることが大切です. 公式機関のサイトに掲載されている記事ないし資料であれば, 信頼性が高いと言えますが,個人のサイトの中には, それほど信頼できない情報を掲載している場合もあります.

(2) 一つのソース(情報源)に頼らずに,裏をとる

新聞雑誌などの記事も,現在ではほとんどが検索可能になっていますが, 一つの記事だけを信用するのではなく, 必ず複数の記事にあたって裏を取るように心がけましょう. ソースによっては,情報の取捨選択や判断に,かなりの偏りがある場合もあります.

(3) 適切な検索語を考えておく

ネット上の情報は膨大なので,有効な情報を手に入れるためには, 適切な検索語をあらかじめ考えておくことが必要です. 普段から,文章を読んだら,「その文章のキーワードを考える」 という習慣をつけておくと良いでしょう.逆に,文章を書く時は, 重要な概念(=キーワード)を整理し, キーセンテンスを作って全体構成を考える,というアプローチも必要となります.

(4) 必ずメモをとる

探していた情報を見つけた場合,後で利用できるように必ずメモをとりましょう. ネットの場合は,URL とアクセス日時を書いておくのを 忘れないように.コンピュータで再利用できるように,Windows なら「メモ帳」 や WordPad を活用するとよいでしょう. 「引用」を明示するためにも,資料に関するメモは貴重になります. 「どこかに書いてあったのだけれど,思い出せない」 というようなことが起こらないようにしましょう.

参考文献の挙げ方

参考文献の挙げ方に関しては、卒論や卒研で使う書式に早いうちから慣れておくといいでしょう。
こちらに 参考文献の表記方法(2017年度第 2 版)| Richtlinien-Bibliografie_gu20170517.pdf があります。

ページトップへ