交通アクセス・問い合わせ

投書への回答

回答は6階コピー機近くの掲示板に貼り出しています。こちらのページには抜粋を公開いたします。

イートインスペースがほしい。(2016/11/29回答)
みなさんのイートインスペースのご要望は把握しており、色々と検討はしたのですが、現状は館内の限られた面積を学習スペースや書架として最大限割り当てており、学習環境や本の維持管理に影響を与えないような良い設置場所が見当たりません。 面倒をおかけしますが、食事の際は法経棟1Fラウンジをご利用ください。
PC禁止エリアでのPC使用について注意喚起してほしい。(2016/6/30回答)
法経図書センターの学習席には下記の種類があり、7F自習室のみPC使用禁止(電卓も使用禁止)としております。
3F-4F 個人机、閲覧机
5F セミナールーム、情報検索コーナー、参考図書コーナー
6F 閲覧席
7F 閲覧席、グループ学習室、各学部演習室、自習室
7F自習室でのPC利用を見つけた際はすぐに注意しておりますが、漏れがあったかもしれません。お気づきの際は5Fカウンタースタッフへお知らせください。すぐに対応いたします。
冬の暖房時の設定温度が低くて寒いので、設定温度を上げてもらいたい。(2016/3/22回答)
冷暖房温度は、学習院のエネルギー管理委員会が、国の省エネ法に基づき設定温度を決めています。大学全体で集中管理をしているため、法経図書センター独自で温度設定や変更を行うことができません。ご不便をお掛けいたしますが、省エネの観点から服装で暖かくなるよう工夫をしていただければと思います。
また、独自に出来る対策として膝掛けを20枚用意いたしました。5Fカウンターにてお貸しいたしますので、こちらをご利用いただければ幸いです。
表紙をきれいに保つため、図書にラミネートをかけてほしい。(2016/1/12回答)
現在、みなさんに図書を丁寧に扱っていただいており、また当センターで所蔵している図書のほぼ全てが学術書のため、特定の図書に利用が集中し、破損や汚損が激しく生じるということは多くありません。
効果よりもコストの方が大きいとの理由から、図書のラミネート加工はしないこととしています。
コピー機の台数を増やしてほしい。(2015/10/19回答)
法経図書センター内には、以下の3台のコピー機を設置しておりますが、7、10~11、1月は特に利用実績が多く、タイミングによって、コピー機を使えない状況が発生しております。
3階 なし
4階 OPAC端末付近1台
5階 掲示板付近1台
6階 OPAC端末付近1台
7階 なし
年々コピー枚数は減少しており、現在は5年前の約4割減となっております。今後もコピー枚数は減少していくものと思われるため、コピー機の増設は難しい状況です。現状では以下にてご対応いただけますようお願いいたします。
貸出可能な資料 一旦借用いただき、館外のコピー機をご利用ください。
貸出不可の資料 各階の状況を確認してご使用いただくか、大量のコピーで長時間使用される場合は譲り合ってご使用いただけますようお願いいたします。
日曜日も開館してください。
22時まで開館してください。(2015/7/22回答)
日曜日開館・22時閉館実施には、図書館スタッフの確保だけでなく、東2号館の受付・警備・施設関係のスタッフの確保も必要となるため、新たな体制整備と費用が発生します。
限られた予算のなかでは、費用対効果を考えて、広く多くの学生が恩恵を受けられるサービスを優先せざるをえません。需要がどれだけあるのか把握できておりませんので、法経図書センターの管理・運営を司る委員会や関係部署での検討をお願いする段階にも至っていないという現状です。
もっと席を増やして下さい。(2015/7/21回答)
8/17(月)より、閲覧席をリニューアルし、約50席増設いたします。また、各席には横仕切りをつけ、より集中できる環境をご提供いたします。
大学図書館だけではなく、法経図書センターにも日本文学全集を置いてほしい。 例)小学館 新編 日本古典文学全集等(2015/4/8回答)
法経図書センターは学部図書館ですので、法学・政治学・経済学・経営学等の社会科学の専門書を中心とした資料を収集しております。新たに分野外である小学館の文学全集を購入することは出来ませんが、岩波書店の全集は所蔵しておりますので、こちらをご利用ください。
  1. 岩波書店 日本古典文學大系(東2法経図・書庫908/1/1~)
  2. 岩波書店 新日本古典文学大系(東2法経図・書庫 918/2/1~/N)
春季・夏季休暇期間も、7階自習室を利用したい。(2014/5/12回答)
学習院では国や都の省エネ対策に照応し、積極的に節電対策に取り組んでいます。その一環として法経図書センターでも、不要・不急の照明の点灯の抑制を行っています。
7階の消灯は、利用者の少ない春休みと夏休みに実施しています。
7階消灯期間中は3階~6階の閲覧席をご利用いただきたく、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
B5コピー用紙を置き、B5でのコピーが可能となるとうれしいです。よろしくお願いいたします。(2012/9/22回答)
B5コピー用紙については、以前よりカウンターでも同様のお問合せを数件受けておりました。
そのため、コピー機設置会社に依頼し、10月よりB5コピー用紙を設置いたします。
法経図書センターの3台のコピー機で、B5/A4/B4/A3の4種類の用紙でコピーが可能となります。ぜひご活用ください。
※館内のコピー機では、法経図書センター所蔵資料のみコピーできます。
辻信太郎著の本を置いてほしい(企業研究のため)。(2012/6/4回答)

サンリオ創設者の「辻信太郎」の著作ということかと思います。
辻氏にはサンリオ、企業経営の著作がありますが、小説等も書かれている方です。
どの資料を購入してほしいか、特定していただき、「GLIM/OPAC-My GLIM」の「購入申込」から入力してください。
絶版になっている資料もあるようですが、企業研究のための資料はできるだけ購入するようにいたします。

著作を調べるためのツール(ウェブサイト):
CiNii Books(大学図書館の本を探す)
NDL-OPAC(国立国会図書館の本を探す)など
検索がうまくいかない場合は、レファレンスカウンターまでお越しください。

図書館でもノートコピーしたいです。(2011/7/7回答)
図書館内のコピー機は、著作権法31条による複写サービスを行うために設置されており、図書館は、これを守らなければなりません。
著作権法31条で複製できるのは「図書館等の図書、記録その他の資料」となっており、利用者所有の資料やノートの複写は範囲外となります。
大変申し訳ありませんが、ノート等のコピーについては、館外のコピー機を利用してください。
6階の雑誌コーナーのところに置かれているテーブルでおしゃべりをする人が連日いて、困っています。あのテーブルは広くて使いやすいためよく利用するのですが、話し声が始終聞こえるため、集中が害されてしまいます。小まめに注意をするといった対策をお願い致します。(2011/7/4回答)
開架雑誌コーナーの閲覧机は人気があり、いつも有効に使っていただいております。
投書にありますように、試験期が近くなり、おしゃべりが増えてきています。ご提案にもありましたが、小まめに注意を与え、静かな環境を保持するように努めます。
PC台の占領がすごい。(2010/12/14回答)
5階情報検索コーナーのPCについて、電源を点けたり、荷物を置いたりして、長時間席を外しているにも関わらず占有されたままになっていることに対する投書と解釈いたしました。
法経図書センターでは、現在PC利用に時間制限を設けておりません。朝早くから利用者で席が埋まることが多く、一日中使用していることもあります。
しかし本や荷物を置いてPCの場所取りをしている場合や、長時間ログイン画面のままになっている場合は、荷物等をカウンターに引き上げ、他の利用者にPCを開放するようにしています。
お気づきの場合は、カウンターまでお知らせください。長時間にわたる無人のPC占有については、他の利用者への提供を配慮いたします。
図書館内で話す人がいるので、話していい場所と、私語厳禁の場所を厳格に区分けして、おしゃべりを防止してください。(2010/12/14回答)
館内の会話に対しては、5・7階のセミナールーム・グループ学習室・自習室について、「話し合い可」「私語厳禁」の住み分けを指導してまいりました。
その他のスペースに関しては、利用者個々の良識的な判断による少々の会話は許容範囲としておりましたが、会話の音量・内容には人によって差があり、騒音と感じられる場合もあると思います。
そこで館内を大きく3ゾーンに分け、広報を強化いたします。
私語厳禁 7階「自習室」、3-5階「書庫」
学習会話可 7階「グループ学習室」、5階「セミナールーム」
静粛
(ささやき声の短い会話)
5・6・7階のオープンスペース、閲覧席
今後も利用者へ指導を続けます。会話が気になる場合は、遠慮なくカウンターまでお知らせください。
終了(閉館)時刻間際に流れる音楽を(たまには)変えて欲しい。(2010/12/10回答)
館内放送については、スケジュール管理や機器設定などの調整が必要であること、音楽については人によって不快に感じる場合があるため慎重な選曲が必要であること、また、音楽の再生についても著作権法との係わりがあることなどから、変更に時間がかかります。
次回のスケジュール見直し等により機器設定を変更する時期に合わせて、音楽の変更も考慮いたします。その際には、利用者の皆様にもリクエストをお聞きしたいと考えます。
しばらくは今の音楽をお楽しみくださいますよう、お願いいたします。
3回パソコンで延長した後、続けて借りたいと思いカウンターに本を持っていき、「予約が入っていなければ1度返却という扱いにし、再度今日借りたい」と申し出たところ、「他に借りたい人もいるかもしれないので、返却しても今日は貸せない」と言われたのですが、全く納得できませんでした。私たちにはその権利があるし、たいていの図書館では当然のサービスであると思います。もし可能ならば改善をお願いしたいです。(2010/11/10回答)
本の貸出延長については、長期に資料を利用したいという利用者からのご要望にお応えするため延長を3回まで可能としていますが、3回延長後は返却していただき、一旦書棚に戻します。これは、「ブラウジング」という、棚を眺めることにより思いがけない発見があるという、図書館の特徴の一つを大切にしているためです。読みたい本を検索・予約して確実に借りる方法と共に、ブラウジングのためにも資料を提供したいと考えています。
手続き方法については詳細な部分まで明示することができず、ご不便をお感じになることもあるかと思いますが、どうぞご協力よろしくお願いいたします。
最新のコンパクトサイズの六法を購入して頂きたいです。(2010/8/27回答)
コンパクトな六法について、三省堂の「デイリー六法」を継続的に購入することになりました。5階の参考図書コーナーと6階のKR(開架の参考図書)コーナーに1冊ずつ配備いたします。 今後も法経図書センターをご活用ください。
車椅子や怪我をしている場合等、6階・7階からの出入りを可能にしてほしい。
※2009/12/9法学部外部評価点検時における学生からの意見 (2010/2/3回答)
図書センターは、通常はカウンターのある5階を出入口とし、6・7階のエレベーターホールは施錠していますが、車椅子・怪我などで階段を上ることが困難な場合、エレベーターの利用が可能です。 エレベーターの利用を希望する場合は、5階カウンターにお申し出ください。各階エレベーターホールドアの鍵を貸し出します。各階の利用が終了したら、5階カウンターへ鍵を返却してください。本の貸出手続きなどは5階カウンターで行います。 この他、段差のないフロア・車椅子対応トイレなど、法経図書センターではバリアフリーを推進しています。
情報検索コーナーのパソコン同士のあいだに半透明のついたてがあると思いますが、
ついたてがあっても、むかいあっている人のセキやくしゃみがとんでくるので、
ついたても完全なもの(すきまがないもの)にして欲しいです。
冬は、インフルエンザに感染しそうでイヤです。
それと、パソコンのまわりでうるさくする人がいるので、
せめて、しずかにするようはりがみくらいはしてほしいです。(2009/9/11回答)
ついたてについては、独立性の高い空間を確保しつつ、視認性を保つためのデザインになっており、取替えがききません。ご了承ください。 なお、インフルエンザについては、学内掲示等を参考にして、公共空間における予防と感染拡大防止に、皆さんのご協力をお願いいたします。 騒がしい利用者については今後も注意を行います。お気づきの時には、カウンターまでお知らせください。
もっと勉強スペースがほしい(2009/7/27回答)
試験期には、入館者数も大幅に増えて、閲覧席が見つからない時もあるかと思います。そんな時は図書センターの書庫の利用をおすすめします。5階雑誌室・4階和書階・3階洋書階に、それぞれ閲覧席が用意してあります。どうぞ、利用してみてください(書庫入庫方法はこちらをご覧ください。)。
図書検索の際に、椅子のない場所もある(地下や雑誌コーナーの前)。
また蛍光灯がないと暗くて目に悪いので、是非備えて欲しい。(2009/7/17回答)

図書検索用PCの利用については、短時間で効率よく、たくさんの利用者に使用していただきたいという趣旨から、椅子の設置を行っておりません。じっくりと検索が必要な場合には、インターネット経由での検索が可能となっておりますので、学内・ご自宅のPCからご利用ください。
蛍光灯については、対処可能か考えます。必要な場所を詳しく教えていただけませんか。カウンターにお伝えいただくか、再度投書でご連絡いただけないでしょうか。

追記:
後日、蛍光灯の場所(5Fの椅子付き書籍検索の机)を投書で教えていただき、電気スタンドを設置いたしました(2009/7/20)。

雑誌のカバーがきたなくて、読む気をなくすものが1/2くらいあります。
年に3回位交換してほしいです。(2009/7/6回答)
ご指摘ありがとうございます。
雑誌のカバーについては点検を行い、汚損・破損のあるものについては順次取替えを進めてまいります。但し、それほど頻繁に交換はできませんので、汚れの拭き取りなども行い、皆様に気持ちよく利用いただけるような環境を整えてまいります。
階段を静かに昇り降りするように呼びかける貼り紙をしてほしいです。
特に出入の多い時間帯は館内にたえず足音が響いて迷惑です。(2008/8/7回答)

平成16年度に靴音を抑えるために階段の絨毯を厚くする工事を行いました。
しかしながら階段本体が鉄板で作られているため、その効果には限度があります。
この回答を館内数箇所に貼る他、利用者の方々に気をつけていただくよう、折に触れて呼びかけるようにしてまいります。

【法経図書センターからのお願い】
靴音は階段やフローリングの床ではかなりの騒音になります。他の利用者への配慮をよろしくお願いいたします。

これから試験期なので私語撲滅の根本的な対策を行ってほしい。(2007/7/18, 7/23回答,2008/9/30追記)

オープンスペースを当センターの特色としていますが、試験期の騒がしさへの対応には苦慮しており具体的に下記の対策を行いました。

  • 館内巡回の回数を増やす
  • ポスターの内容を一新

また、静かに勉強できるスペースを用意していますので、ぜひご利用ください。
7階「閲覧室」「演習室(2室=試験期のみ)」この3室は私語厳禁です。
規則を守らない利用者は状況により退室していただく場合もあります。

追記:
2008年度~、騒音対策のため6階コピー機を5階へ移動させます(試験期間中のみ)。
お手数をおかけしますが、ご協力お願いいたします(2008/9/30追記)。

雑誌の購入希望を受け付けてほしい。(2006/09/11回答、2007/10/31追記)

雑誌(逐次刊行物)は、図書と異なり期限なく継続刊行されるため、複数の利用者があることを条件として慎重にタイトルを選ぶ必要があります。
そのため、申し訳ございませんが、購入希望は受け付けられません。

2007/10/31追記:
2006年12月~2007年1月に実施したアンケートをもとに、開架雑誌のタイトル入れ替えを行いました。ぜひご利用ください。
新しく追加したタイトルは下記の通りです。

  • 金融法務事情
  • 銀行法務21
  • DAYS JAPAN
  • フォーリン・アフェアーズ日本版
  • Newsweek英語版
  • ナショナルジオグラフィック日本版
  • プレジデント

ページトップに戻る