学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

法学部の歴史History

法学部の歴史

学習院の歴史

学習院の起源は1847(弘化4)年、京都に設けられた公家の教育機関にあります。1849(嘉永2)年に孝明天皇より「学習院」の額を賜り、校名が定まりました。幕末の動乱と明治新政府の誕生を経て京都の学習院は廃止されますが、1877(明治10)年に華族学校が東京神田錦町に開業し、改めて学習院と命名されました。現在の学習院は、このときを創立としています。その後虎ノ門・四谷と校地を移し、1908(明治41)年には中等学科・高等学科が現在の目白に移転しました。1885(明治18)年には、女子の教育課程が分離して華族女学校が開校し、学習院女学部・女子学習院と名称を変更しながら独自の女子教育を続けました。
1947(昭和22)年、学習院と女子学習院は合併し財団法人学習院が発足、私立学校として再出発を果たしました。初等科・中等科・女子中等科・高等科・女子高等科に加え、1949(昭和24)年に学習院大学が開学しました。1963(昭和38)年には学習院幼稚園が開園し、幼稚園から大学・大学院までの一貫教育体制が整えられていきました。1950(昭和25)年に短期大学部として開学した女子短期大学は、1998(平成10)年には4年制の学習院女子大学に生まれ変わりました。近代国家の成立とともに華族の学校として誕生した学習院は、戦後の焼け跡の中から私立学校として再出発するという特異な歴史を歩みました。学生生徒の個性を自由に育み、国際的な視野の広さを養う教育は、創立当初から一貫して続けられています。

京都学習院跡

神田錦町の学習院

学習院大学法学部の歴史

1949(昭和24)年、学習院大学は文政学部と理学部の2学部で開学しました。文政学部は政治学科・哲学科・文学科で構成され、そのうち政治学科は、学習院が財団法人となる際、GHQとの交渉の中で示唆された“School of Government”の構想を具体化したものとして設置されました。1952(昭和27)年、新たに経済学科が開設されたことにより、文政学部は政経学部(政治学科・経済学科)と文学部(哲学科・文学科)に改組されました。昭和30年代に入ると、学習院大学は日本の経済成長と大学進学者の増加にともない発展を遂げ、研究教育体制も整備されていきました。政治学科では法学科設置の要望が強まり、1962(昭和37)年より政治学科の専門課程が法学専攻コースと政治学専攻コースとに分かれました。そして1964(昭和39)年に政経学部が改組されて、法学科と政治学科からなる法学部と、経済学科からなる経済学部が開設しました。

1949(昭和24)
新制大学として、文政学部(政治学科・文学科・哲学科)を設置
1952(昭和27)
文政学部に代えて政経学部(政治学科・経済学科)と文学部を設置
1964(昭和39)
大学法学部(法学科・政治学科)を設置。政経学部は翌年3月終了
1965(昭和40)
『法学部研究年報』創刊(1996年『法学会雑誌』に改題)
1968(昭和43)
法学科・政治学科への学生の分属を3年次から入学時へ変更
1972(昭和47)
大学院法学研究科修士課程法律学専攻を設置
1973(昭和48)
法学部・経済学部研究棟(東1号館)竣工
1979(昭和54)
大学院政治学研究科修士課程政治学専攻を設置
1981(昭和56)
大学院政治学研究科に博士課程を設置
1982(昭和57)
大学院政治学研究科の修士課程・博士課程をそれぞれ博士前期課程・博士後期課程に変更
1986(昭和61)
大学院法学研究科に博士後期課程を設置し、同研究科の修士課程を博士前期課程に変更
1993(平成5)
法学部・経済学部教育研究棟(東2号館)竣工、法学部・経済学部図書センター開設
2004(平成16)
専門職大学院として法務研究科法務専攻(専門職学位課程)を設置
2005(平成17)
大学院法学研究科法律学専攻博士前期課程を廃止。政治学科に特別選抜(FT)コース設置
2009(平成21)
法科大学院に法務研究所を設置
2016(平成28)
大学院法学研究科法律学専攻博士前期課程を設置