学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

法学科Department of Law

法学科の特徴

法学を学ぶ目的は、法律の条文を覚え使いこなすことだけではありません。法学科の学生は、学びを通じて法的なものの見方や考え方を身につけることにより、社会で活躍できる人材へと成長することを目指します。この法的なものの見方や考え方は、「リーガルマインド」と呼ばれています。

リーガルマインド 3つの能力

  • 紛争の原因を公正な第三者としての立場で法的に分析する能力
  • 紛争を解決するための妥当なルールを法律の根拠に基づいて考える能力
  • 将来の紛争を予防するためのルールを考える能力

これらの能力は、法律の条文を暗記しても身につきません。「なぜこの法律が必要なのか」、「どのようにその法律は使用されるのか」などについて、自らの頭で考えることが大事です。そのためには、バックグラウンドとして幅広い知識や教養も必要になります。
法学科では、効率よく法学を学ぶことのできるカリキュラムを用意しています。裁判官や弁護士などの法曹を目指すか否かにかかわらず、段階的な学びを通じてリーガルマインドの土台を築いてください。

真の教養人を目指して

さらに法学科では、リーガルマインドを持つだけでなく、人間に対する深い理解のある「真の教養人」となることを目指してほしいと考えています。授業を通して身につくこともあれば、サークル活動や学外活動でしか得られない貴重な経験もあるでしょう。法学科に属する学生として学ぶ姿勢を大切にしつつ、大学での4年間を通じて積極的にものごとに取り組んで、大学生ならではの経験を積み重ねてください。それは、大学を卒業した後の大きな財産となるはずです。

2つの柱

  • 法的なものの
    見方・考え方
    リーガルマインド
  • 人間に対する
    深い理解