学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

法学科Department of Law

段階的なカリキュラムと少人数教育でリーガルマインドを育む

法学科の特徴

 法学科では、「リーガルマインド」とよばれる、法的なものの見方や考え方を身につけ、人間社会に対する深い理解を持った教養人を育てることを目指しています。
 そのために、段階的な講義カリキュラムで土台を作りつつ、少人数制の演習で実践的な学びを通してリーガルマインドを育てていきます。

リーガルマインド 3つの能力

  • 紛争の原因を公正な第三者としての立場で法的に分析する能力

  • 紛争を解決するための妥当なルールを法律の根拠に基づいて考える能力

  • 将来の紛争を予防するためのルールを考える能力

 これらの能力は、法律の条文を暗記しても身につきません。「なぜこの法律が必要なのか」、「どのようにその法律は使用されるのか」などについて、自らの頭で考えることが大事です。そのためには、バックグラウンドとして幅広い知識や教養も必要になります。
 法学科では、効率よく法学を学ぶことのできるカリキュラムを用意しています。裁判官や弁護士などの法曹を目指すか否かにかかわらず、段階的な学びを通じてリーガルマインドの土台を築いてください。

真の教養人を目指して

法学科の目指す人物像真の教養人

  • リーガル
    マインド
  • 人間に対する
    深い理解

 さらに法学科では、リーガルマインドを持つだけでなく、人間に対する深い理解のある「真の教養人」となることを目指してほしいと考えています。授業を通して身につくこともあれば、サークル活動や学外活動でしか得られない貴重な経験もあるでしょう。法学科に属する学生として学ぶ姿勢を大切にしつつ、大学での4年間を通じて積極的にものごとに取り組んで、大学生ならではの経験を積み重ねてください。それは、大学を卒業した後の大きな財産となるはずです。

学びの特徴

段階的カリキュラム

 法学教育では、土台となる基礎的な科目と、応用的な科目のバランスが大切です。
 必須法律科目や基本法律科目を含む「選択必修科目」、特殊講義や専門演習、政治学科関連科目を含む「選択科目」、さらに「自由科目」の大きく3つに分けられたカリキュラム体系により、基礎的な科目と応用的な科目を卒業までにバランスよく履修できる工夫がなされています。

少人数教育

 法学科では、少人数制の演習を通して実践的な学びができるのも特徴です。教員と学生の距離が近く、学生がもっとも成長できる場となり、そのつながりは卒業後も続いている人も少なくありません。演習では、法をどのように見つけ出し、用いるかという実践を重視、プレゼンテーションや議論などを通じて、法的なものの見方や考え方、つまり「リーガルマインド」を身につけていきます。
 演習は目的に応じて、次の3種類があります。

目的に応じた3つの演習

演習<○○>

 意欲のある2~4年生を対象にした演習。特定の分野について、さらに発展的な勉強をすることを目的としており、法科大学院や国家試験を目指す人のニーズにも応えた科目です。
「演習(応用民法)」などがあります。

特設演習<○○>

 意欲のある1・2年生を対象にした演習。早いうちから少人数で法律科目の基礎を固めることや、外国の法律文献を読むことで、国際的な視野を養うことなどを目的としています。
「特設演習(刑法入門演習)」などがあります。

○○演習

 3・4年生を対象に、各科目について集中的に議論や発表などを行い、理解を深めることを目的としています。憲法演習をはじめ、さまざまな法律科目の演習が用意されており、判例の分析や、模擬裁判など、多彩な方法で授業が行われます。

各専門分野で高い評価を受ける教授陣

 法学科・法科大学院の教員は、各専門分野で高い評価を受けています。法曹界の第一線で活躍している実務家教員も含め、法科大学院の担当教員が学部向けの授業を担当することも特徴となっています。