専攻紹介

GCAS Report

アーカイブズ学専攻では、2011年度に『GCAS Report 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻研究年報』を創刊しました。
現在、Vol.5まで刊行され、Vol.1〜Vol.4のPDF版を公開しています。下記よりダウンロードが可能です。
*Vol.5の頒布を希望される方はこちらをご覧ください。また、投稿規定についてはこちらをご覧ください。


GCAS Report vol.1
PDF版(4.06MB)はこちら


《 Vol.1 目次 》

    【講演】
  • 記録のパフォーマティヴ・パワー[エリック・ケテラール(訳:森本祥子)]
    【論文】
  • 町村役場における兵事係の記録管理―大郷村兵事係文書を事例として[橋本陽]
    【書評】
  • Sam Kula, Appraising Moving Images; Assessing the Archival and Monetary Value of Film and Video Records [児玉優子]
  • 太田富康『近代地方行政体の記録と情報』[渡邉佳子]
  • 鵜飼哲+高橋哲哉編『「ショア―」の衝撃』[宇野淳子]
    【報告】
  • 島根県飯南町「旧赤来町役場文書」調査プロジェクトについて[安藤正人]
  • 韓国記録管理 人材育成の現場―「学習院大学東洋文化研究所グローバル東アジア学40」派遣報告 [齋藤柳子]
  • Keeping Archivesを読む―GCASサブ・ゼミナール2011活動報告[大木悠佑+齋藤歩+雫石忠宏+澁谷梨穂]



GCAS Report vol.2
PDF版(9.66MB)はこちら


《 Vol.2 目次 》
    【講演】
  • 文化資源アーカイビングの未来に向けて[金翼漢]
  • 日本のアーカイブズ制度の現状―牛の歩みは遅くとも[高埜利彦]
    【論文】
  • 内閣制創設期における記録局設置についての一考察[渡邉佳子]
    【研究ノート】
  • アメリカのアーキビストと社会運動記録―“Archival Edge”をめぐって[平野泉]
  • 画家とアーカイブズの関係についての覚え書き―パウル・クレーを事例として[渡邉美喜]
    【書評】
  • 『現代韓国国家記録管理の展開―1969年から李明博政権成立まで』[齋藤柳子]
  • 長坂俊成『記憶と記録―311まるごとアーカイブズ』[蓮沼素子]
    【報告】
  • ルチアナ・デュランチ教授をお迎えして―Dチームよりの報告[平野泉+橋本陽+松尾美里]
  • 視聴覚アーカイブ活動を支える国際団体の紹介―IASA、AMIA、SEAPAVAA[石原香絵]
  • 文書調査40年―山梨県大月市星野家文書調査について[久保田明子]
  • 米国の認定アーキビスト・アカデミー(ACA)について―認定試験を受験して[筒井弥生]



GCAS Report vol.3
PDF版(10.5MB)はこちら


《 Vol.3 目次 》
    【論文】
  • <映画保存運動>前夜―日本において映画フィルムの納入義務が免除されたとき[石原香絵]
  • 建築レコードの目録編成モデル―「スタンダード・シリーズ」から考える[齋藤歩]
  • 企業アーカイブズとしての島屋史料館に関する一考察[渡邉美喜]
    【書評】
  • 平井孝典『公文書管理と情報アクセス―国立大学法人小樽商科大学の「緑丘アーカイブズ」』[渡邊健]
  • 『世界のビジネス・アーカイブズ―企業価値の源泉』[金甫榮+清水ふさ子]
    【報告】
  • 働きながらアーカイブズ学を学びませんか?―1 理想のアーキビストを目指して[中臺綾子]
  • 働きながらアーカイブズ学を学びませんか?―2 自分スタイルの学生生活[小根山美鈴]
  • 日本における民間資料の現状とこれからの課題[青木祐一]
  • 消失から救われた資料―私宅に保管されていた戦時期村役場文書とその利用へと至る道[橋本陽]
  • 放送番組関連資料のアーカイブズ―『中学生日記』資料を事例に[宮川大介+田代匠子]
  • 2012-2013年度 自主ゼミ活動報告[橋本陽]



GCAS Report vol.4
PDF版(14.0MB)はこちら


《 Vol.4 目次 》
    【講演】
  • 韓国におけるオープンソース・ソフトウェア記録システムの普及活動―<記録文化>を浸透させるために[任眞嬉]
    【研究ノート】
  • 近現代文化アーカイブズの地元への継承と活用―現代舞踊アーカイブズとまんがアーカイブズを事例として[蓮沼素子]
  • 国際標準記録史料記述(ISAD(G))の小規模史料群への適用による編成記述の試み―好善社文書調査より[松山龍彦]
    【書評】
  • 国文学研究資料館編『アーカイブズの構造認識と編成記述』[橋本陽]
  • 久保亨・瀬畑源『国家と秘密―隠される公文書』[青木祐一]
  • 山本清『アカウンタビリティを考える―どうして「説明責任」になったのか』[中臺綾子]
  • 吉田憲司『文化の「発見」―驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで』[池永禎子]
  • ピーター・シリングスバーク『グーテンベルクからグーグルへ―文学テキストのデジタル化と編集文献学』[渡辺彩香]
    【報告】
  • 働きながらアーカイブズ学を学びませんか?―1 アーカイブズ学専攻で学んだこと[坂口貴弘]
  • 働きながらアーカイブズ学を学びませんか?―2 アーカイブズ学を現場に活かす[土屋昌子]
  • 日本建築学会によるレコード・サーヴェイを分析する―アーカイブズ学の観点から[齋藤歩]
  • 日本の舞踊アーカイブズ―慶應義塾大学アート・センターの事例[朱宣映]

GCAS Report vol.5
PDF版(11.1MB)はこちら


《 Vol.5 目次 》
    【講演】
  • より良き社会のために―「記録」が物語るもの[松岡資明]
  • 記録を残すために―写真資料保存修復の基礎[白岩洋子]
    【研究ノート】
  • 記録管理におけるレコードキーパーの機能と役割に関する一考察―オーストラリアの州公的記録法の事例から[大木悠佑]
  • アーカイブズ・マネジメント試論―業務の数値化を中心に[倉方慶明]
    【書評】
  • 菅真城『大学アーカイブズの世界』[田中智子]
  • 安藤正人・久保亨・吉田裕編『歴史学が問う公文書の管理と情報公開―特定秘密保護法下の課題』/北海道新聞社編『特定秘密保護法を読む 全条文 反対声明・意見書』[川田恭子]
  • 中野目徹『公文書管理法とアーカイブズ 史料としての公文書』[藤村涼子]
  • 三井文庫編『史料が語る三井の歩み―越後屋から三井財閥』/企業史料協議会編『企業アーカイブズの理論と実践』[千代田裕子]
  • 国立民族学博物館監修『渋沢敬三没後50年 屋根裏部屋の博物館 ATTIC MUSEUM』[難波秋音]
  • 石田佐恵子・村田麻里子・山中千恵編著『ポピュラー文化ミュージアム―文化の収集・共有・消費』[高野彩香]
  • 佐藤元英・武山眞行・服部龍二編著『日本外交のアーカイブズ学的研究』[千葉功]
    【報告】
  • 米国アーキビスト協会ワークショップ(2015)「建築レコード―設計と施工の記録群を管理する方法」[齋藤歩]
  • ICAが考えるアーカイブズとは―『情報社会におけるアーカイブズ、記憶、そして民主主義』の紹介[薬袋未夏]
  • ブラジル・サンパウロ人文科学研究所資料調査・中間報告[青木祐一]
    【コラム】
  • 青空のソウル訪問[高埜利彦]

GCAS Report vol.6
PDF版(10.8MB)はこちら


《 Vol.6 目次 》
    【講演】
  • デジタルメモリーとアーカイブズ資源開発―中国の現状を中心に[馮恵玲]
  • 中国の電子記録管理プロセスを推進するためのコンビネーション計略[馮恵玲/訳・朱海燕]
    【論文】
  • 企業資料における経営者関係資料を読み解く―資生堂企業資料館「福原信三」資料の分析とISAD(G)記述の適用から[清水ふさ子]
    【研究ノート】
  • 1970年代の米国で起きたアーカイブズの変容とその影響―フランク・ボールズ『アーカイヴァル・アプレイザル』から探る[齋藤歩]
    【書評】
  • 坂口貴弘『アーカイブズと文書管理―米国型記録管理システムの形成と日本』[古賀崇]
  • エリザベス・シェパード、ジェフリー・ヨー共著、森本祥子、平野泉、松崎裕子編・訳、清原和之、齋藤柳子、坂口貴弘、清水善仁、白川栄美、渡辺悦子訳『レコード・マネジメント・ハンドブック―記録管理・アーカイブズ管理のための』[渡邊健]
  • 九州史学会・公益財団法人史学会編『過去を伝える、今を遺す―歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか』[小澤梓]
  • 神奈川地域歴史資料保全ネットワーク編『地域と人びとをささえる資料―古文書からプランクトンまで』[佐藤崇範]
  • 宮本瑞夫ほか編『甦る民俗映像―渋沢敬三と宮本聲太郎が撮った1930年代の日本・アジア』[山永尚美]
    【紹介】
  • 青木睦『被災資料救助から考える資料保存―東日本大震災後の釜石市での文書レスキューを中心に』[亀野彩]
    【報告】
  • オーストラリア・アーキビスト協会2016年大会に参加して[阿久津美紀・大木悠佑]
  • マサチューセッツ州におけるアーカイブズ教育・資料保存の取組み―SAA、ICA 2016大会で学んだこと[筒井弥生]
    【メッセージ】
  • 退職にあたって[安藤正人]

ページトップ