展示の紹介

ここでは、最新の展覧会開催情報や、近年史料館で開催された展覧会をご紹介しています。
掲載しているのは、チラシやパンフレットまたは図録のうち、配布が可能な無料のもののみです。有料のものやミュージアム・レター等は刊行物のページをご覧ください。
紙面でのパンフレットの入手を希望される方は、事務室までお問い合わせ下さい。

<<利用上の注意>>

  • ここに掲載するパンフレット・図録は、個人で楽しむ場合や研究目的で使用する場合のみ、御利用ください。
  • 営利目的での使用・再配布は禁止します。
  • 本文を論文などに引用する場合は、引用であることを明記してください。
  • 写真の転載を御希望の場合は別途申請が必要です。史料館にお問い合わせください。

最新展示のお知らせ

令和4年度学習院大学史料館春季特別展
「揺籃期の学習院―四谷校地のころ―」

 幕末の京都に淵源を持ち、明治10年(1877)神田錦町の地に開校した学習院は、校地を虎ノ門、四谷区尾張町へと移転した後、現在の目白に校舎を構えました。令和4年春、学習院大学史料館では、明治23年から同41年に至る、四谷校地時代の学習院をテーマとした展覧会を開催いたします。
 この頃は、学習院の歴史において“揺籃期”ともいえる時期にあたります。第4代院長三浦梧樓は、「学習院学則」を制定するなど新たな教育体制の改革を進めました。華族の地位本分に適した教育を施すため、また軍務に服する志操を養うため、道徳と武課(体育)を重視します。天皇の勅語などを集めた『教学聖訓』や、『学習院初学教本』など学習院独自の教科書が編纂され、日本初の「東洋諸国歴史(東洋史)」課目も設けられました。そして第7代院長近衞篤麿は、華族が従事すべき業務として、貴族院議員と武官のほかに外交官をあげ、その人材育成に力を尽くしていきます。
 明治30年代には、校友会組織『学習院輔仁会』の活動が盛んになり、『学習院輔仁会雑誌』には、のちに雑誌『白樺』同人として活躍する志賀直哉・武者小路実篤・木下利玄・柳宗悦らの名も随所に見ることができます。
 この展覧会では、当時の教科書や、志賀・武者小路・木下らが描いたデッサンなどの教育資料のほか、明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)が学習院の初等学科時代に着用していた制服などを紹介いたします。

チラシは右の画像をクリック!!⇒
twitterはこちら⇒学習院大学史料館 公式twitter

画像:最新の展覧会のお知らせ

開催期間:
令和4年3月28日(月)~6月3日(金)
   平日12:00~15:00
*閉室日:土曜、日曜、祝日

開催場所:
北2号館1階 学習院大学史料館展示室




*入場無料


※なお、ご来場者数が多い場合には、展示室への入室をお待ちいただくことがあります。




【主催】学習院大学史料館
【共催】一般社団法人霞会館
【協力】
学習院アーカイブズ、学習院大学図書館


※今後の感染状況により、開催方法・開催日時が急遽変更になる場合がございます。ご来場の前には、当館のホームページ、ツイッターにて最新情報と【展覧会ご見学にあたってのお願いとご連絡】をご確認ください。

【関連講座】
第94回学習院大学史料館講座
 「学習院の東洋学」

 感染症対策のため、本講座は事前に収録した動画での公開とさせていただきます。
講座内容の詳細は講座のページをご覧ください。

    講師 中嶋諒氏(明海大学講師/当館客員研究員)
    動画公開中!
    URL:(外部リンク)
        https://youtu.be/GOOs-JeavqQ(約60分)

【コラボレーション企画】
迎賓館赤坂離宮前休憩所でのトークイベント

 かつての学習院四谷校地の敷地には、現在は迎賓館赤坂離宮前休憩所が開設されています。これにちなみ、4/21(木)・5/26(木)に迎賓館とコラボレーションしたトークイベントを同休憩所で開催予定です。

※詳しくは迎賓館赤坂離宮のHPをご覧ください。

前回の展示のお知らせ

令和3年度学習院大学史料館秋季特別展
「ボンボニエールが紡ぐ物語」〔終了しました〕

 ボンボニエール(仏:Bonbonnière)とは、皇室の御慶事に際して制作・配布される菓子器です。フランス・イタリアなどの西欧諸国では結婚や子供の誕生の際に容器入りの菓子を配る慣習があります。
 この慣習は明治中期に日本の皇室にもたらされました。日本では容器に加飾をすることで、伝統工芸の技術を継承し、職人の保護育成をはかり、海外への広報の役も担う日本独自の工芸品として発展します。手のひらにのるミニチュア感が人々の心を捉えたのか、皇室のみならず華族家や企業、一般家庭にまでその慣習は広がり、数百種におよぶ様々な意匠のボンボニエールが作られました。
 皇室ではこの慣習が現在も続いており、御慶事の際にはボンボニエールが制作されています。令和元年の即位の礼、昨年の立皇嗣の礼の際にもボンボニエールが配られました。
 本展では調査研究より明らかとなった歴史的背景からボンボニエールが持つ物語を紐解き、日本独自の麗しい伝統文化と工芸技術など様々な側面をご覧いただきたいと思います。
 この展覧会に、一昨年発見された定家本 源氏物語「若紫」(大河内家所蔵)を霞会館のご協力のもと、関東圏で初めて公開出来ることとなりました。
 二つの雅やかな世界をご堪能ください。

チラシは右の画像をクリック!!⇒
twitterはこちら⇒学習院大学史料館 公式twitter

画像:最新の展覧会のお知らせ

開催期間:
令和3年9月13日(月)~12月3日(金)
   平日12:00~15:00
   ※ただし、9月中は11:00~15:00で開室します
*閉室日:土曜、日曜、祝日
*特別開室日:9月20日(月・祝)、9月23日(木・祝)
※台風接近に伴い、10月1日(金)の「ボンボニエールが紡ぐ物語」展は臨時閉室とさせていただきます。

開催場所:
北2号館1階 学習院大学史料館展示室




*入場無料


※なお、ご来場者数が多い場合には、展示室への入室をお待ちいただくことがあります。




【主催】学習院大学史料館
【共催】一般社団法人霞会館
【協力】
学習院大学文学部日本語日本文学科


※今後の感染状況により、開催方法・開催日時が急遽変更になる場合がございます。  ご来場の前には、当館のホームページ、ツイッターにて 最新情報と
【展覧会ご見学にあたってのお願いとご連絡】9.2改訂
をご確認ください。

【関連講座】
第93回学習院大学史料館講座
 「物語の玉手箱 ボンボニエール」 〔動画公開中!〕

 感染症対策のため、本講座は事前に収録した動画(Vol.1~3)での公開とさせていただきます。
 講座内容の詳細は講座のページをご覧ください。

    講師 橋本麻里氏(永青文庫副館長)
         当館学芸員長佐古美奈子との対談形式

 動画公開期間:令和3年(2021)10月1日(金)~12月3日(金)
画像:ボンボニエール講座2021
URL:  (外部リンク)
Vol.1:https://youtu.be/1D171tiv-WM

Vol.2:https://youtu.be/J2E1ZPiP2AE

Vol.3:https://youtu.be/CWOjk870Wyc

過去の展示一覧

 リンクがあるものは、クリックするとその展示の図録やパンフレット、動画等を見ることができます。

  • 史料館展示室
  • その他の展覧会