図書館を利用する

  1. ホーム
  2. 図書館を利用する
  3. 利用案内(大学図書館)
  4. 協定校の利用

利用案内(大学図書館)

閲覧・貸出協定

学習院大学に所属する学生・専任教職員・非常勤講師・客員教員は、下記の他大学図書館の入館・閲覧・貸出サービスが利用できます。
※四大学協定校のみ、学校法人学習院に所属する教職員(専任教職員のみ)も利用可

山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム(加盟8大学)

青山学院大学(青山本館・相模原)、國學院大學(渋谷・たまプラーザ)、
東洋大学(白山・朝霞・川越・板倉)、法政大学(市ヶ谷・多摩・小金井)、
明治大学(駿河台・和泉・生田)、明治学院大学(白金・横浜)、
立教大学(池袋・新座)

  • 各館開館カレンダー一覧はこちら
四大学協定校(加盟4大学)

成蹊大学(吉祥寺)、成城大学(成城学園前)、武蔵大学(江古田)

その他協定

日本女子大学(目白・西生田)

※学部図書室、研究室図書室等は協定利用対象外です。
 2階レファレンス・カウンターにご相談ください。

サービス内容

  • 資料の館内閲覧
  • 資料の館外貸出(雑誌は不可)

※オンラインジャーナル ・ データベースなどの利用はできません。

サービス期間

  • 各加盟館による
    → 詳細はこちら

※試験期間(7月、1月)や年度末(3月)の利用について制限を設けている大学が多数です。
ご注意ください。

※立教大学は山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム上で7月・1月を利用停止期間としていますが、 本学と個別に別途閲覧協定を結んでいるため、7月・1月でも入館・館内閲覧のみ可能です。

利用手順

① 協定校横断検索(「GLIM/OPAC」→「協定校横断検索」タブ)または各加盟館の蔵書検索システムを使い、利用したい資料の所在を確認する。

② サービス停止期間中でないことを確認し、学生証(または教職員証※)および現住所のわかる本人確認書類を持参して図書館を訪れる。
※非常勤講師・客員教員の方は総務課が発行するクリーム色の身分証

③ 各加盟館のルールに従って利用する。

※特定の資料の所在について事前に確認を求めたり、取り置きを依頼する場合は、事前に申し込みが必要です(受付:学習院大学図書館2階レファレンス・カウンター)。また、この場合は館外貸出することはできません。

来館前に必ず確認すること

  • 各加盟館の貸出条件や開館時間
    → 詳細はこちら

※試験期間(7月、1月)や年度末(3月)の利用について制限を設けている大学が多数です。ご注意ください。

f-Campus(5大学単位互換制度)協定

f-Campus制度を利用し他大学の授業を受講している学習院大学の学生は、受講先大学の図書館に入館が可能です(閲覧のみ・貸出不可)。

f-Campus(5大学単位互換制度)加盟大学(加盟5大学)

早稲田大学、日本女子大学、立教大学、学習院女子大学

※学習院女子大学は本学所属者であればf-Campus生でなくても利用可能です。

※日本女子大学と立教大学は、別途閲覧・貸出協定により、f-Campus生でなくても利用可能です。

サービス内容

  • 資料の館内閲覧

※オンラインジャーナル ・ データベースの利用はできません。

サービス期間

  • 通年

利用手順

① 協定校横断検索(「GLIM/OPAC」→「協定校横断検索」タブ)または各加盟館の蔵書検索システムを使い、利用したい資料の所在を確認する。

② 学生証・f-Campus証・現住所のわかる本人確認書類を持参して図書館を訪れる。

③ 各加盟館のルールに従って利用する。

※特定の資料の所在について事前に確認を求めたり、取り置きを依頼する場合は、事前に申し込みが必要です(受付:学習院大学図書館2階レファレンス・カウンター)。

来館前に確認すること

  • 各加盟館の開館時間(各大学図書館のWebサイトをご確認ください)