ページの上

 研究者として、学会あるいは学問共同体の一員を構成すること、これが大学院生にかけられた期待です。学問をこころざす同士としての議論を重ねながら、知の行為をそれこそ古今東西に及ぼして、そして自身の主題にしたがって研究をすすめ、そうしてやがて個々の職場や地域社会で、研究の経験をつうじて文化の生産に参加していくことになるのです。

新着情報

2017.7.11

 8月1日から9月4日まで史学科事務室・閲覧室の開室時間が変更となります。詳細はこちらをご参照ください。

 また9月6日(水)・7日(木)は書庫整理のため、事務取扱をいたしません。ご了承ください。

2017.1.28

『学習院大学 文学部がわかる小事典2017』の誤りにつきまして

 

同書27頁の記載に一部、誤りがございました。

専任教員として安藤正人教授が記載されておりますが、安藤教授は2017年3月をもって退職し、2017年4月より下重直樹准教授が着任いたします。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

 

 

 

 


■史学科閲覧室・事務室 開室時間■

 

  開室時間 昼休み
平  日 9:00−17:30 11:30−12:30
土曜日 9:00−13:00 なし
長期休暇中 10:00−17:00 11:30−12:30
長期休暇中
(土曜日)
10:00−12:30
なし

      開室日については、大学暦に準じます。

      夏期・春期休暇中および試験期間中等の開室時間等については、

      別途掲載いたします。