ページの上

 研究者として、学会あるいは学問共同体の一員を構成すること、これが大学院生にかけられた期待です。学問をこころざす同士としての議論を重ねながら、知の行為をそれこそ古今東西に及ぼして、そして自身の主題にしたがって研究をすすめ、そうしてやがて個々の職場や地域社会で、研究の経験をつうじて文化の生産に参加していくことになるのです。

新着情報

2016.11.18

<福井憲彦先生最終講義>

 

日時:2017年1月14日(土)

     14:40〜16:10

場所:西5-地下 B1教室

 

2016.11.18

12月8日(木)に慶北大学校の李文基教授による講演会を下記の通り、開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

  日  時:2016年12月8日(木)16:30〜

  会  場:学習院大学北2号館10階 大会議室

  講演者:李文基氏(韓国・慶北大学校教授)

  題  目:「韓国・伽耶山海印寺法宝殿の木造

           毘廬遮那佛坐像の内部墨書銘と金魏弘」

    ※講演は韓国語で行われますが、日本語通訳がございます。

       通訳者:橋本繁氏(学習院大学東洋文化研究所客員研究員)

 

    ※講演後、懇親会がございます。

 

講演会ポスターはこちらこちらよりご覧ください。

 

 

 


■史学科閲覧室・事務室 開室時間■

 

  開室時間 昼休み
平  日 9:00−17:30 11:30−12:30
土曜日 9:00−13:00 なし
長期休暇中 10:00−17:00 11:30−12:30
長期休暇中
(土曜日)
10:00−12:30
なし

      開室日については、大学暦に準じます。

      夏期・春期休暇中および試験期間中等の開室時間等については、

      別途掲載いたします。