教員紹介

島田 教授

島田 誠教授
SHIMADA, Makoto
西洋古代史

■略歴

1955年10月2日生まれ
1974年 岡山県立岡山朝日高等学校卒業
1980年 東京大学文学部西洋史学科卒業
1988年 東京大学大学院人文科学研究科西洋史学専攻博士課程単位取得退学
1990年 東洋大学文学部講師
1996年 同 助教授
1998年 学習院大学文学部史学科教授

■研究テーマ・分野

 研究分野は西洋古代史、特に古代ローマの歴史です。その古代ローマ史の中でも共和政末期から帝政中期まで、おおよそ紀元前2世紀後半から紀元後2世紀までの時代を中心に研究しています。共和政と帝政という政治体制の異なった2つの時代に関心を持ったのは、大学の卒業論文に共和政末期の内乱を勝ち抜いて帝政を樹立したアウグストゥスを取り上げたことがきっかけでした。その後、共和政末期の政治家・雄弁家であるキケローの著作や書簡、さらにプリーニウスやペトロニウスなど「白銀時代」(紀元後14年のアウグストゥスの死から180年頃まで時代)のラテン語作品を読んで、共和政期や帝政中期に関心を拡げました。また、この時代の石や金属に刻んだ文章(金石文)や木の板(書写板)に書かれた記述から分かる当時の人々の生活にも興味を持ち、この時代のローマ人の家族のあり方なども考えています。しかし、最近は再びアウグストゥスやその後継者たち時代の政治構造など、帝政成立期への関心が強まっています。四半世紀余りの時間を経て、卒業論文を書いていた頃の原点に戻ったというところでしょうか。

■主要業績 

【著書】
1997年 『世界史リブレット3 古代ローマの市民社会』 山川出版社
1999年 『コロッセウムからよむローマ帝国』 講談社選書メチエ
 
【研究論文】
1986年 「元首政期ローマ市民団と解放奴隷」 『史学雑誌』 95-3
1988年 'Libertini: The Designation of Freedmen Roman Citizens': T.Yuge & M.Doi eds.,  Forms of Control and Subordination in antiquity, Brill, Tokyo & Leiden
  「研究ノート 'Italicus es an provincialis'-属州居住ローマ市民をめぐる試論」『史学雑誌』97-7
  「ローマ市民団」 弓削達・伊藤貞夫編 『ギリシアとローマ 古典古代の比較史的考察』河出書房新社
1990年 「帝政期イタリアにおける都市パトロン」 『西洋古典学研究』38
「元首政期ローマにおける都市類型と身分類型の関係について」『史潮』新27
1992年 「元首政期のパトロキニウム」 長谷川博隆『古典古代とパトロネジ』名古屋大学出版会
1993年 「ローマ都市におけるパトロネジとエウエルジェティズム」『東洋大学紀要 教養課程編』32
1996年  「元首政ローマにおける都市と人の法的地位について−ラテン権とムニキピウムの関係を中心に−」 『東洋大学紀要 教養課程編』35

1998年

「皇帝礼拝と解放奴隷」『岩波講座世界歴史5 帝国と支配 古代の遺産』岩波書店
1999年 「マルクス・コルネリウス・フロント−2世紀のある元老院議員の横顔−」『学習院史学』第37号
2001年 「ティベリウス政権の成立とその性格」『学習院大学文学部研究年報』第47輯
2002年 「ローマ帝国の王権─ローマ帝政の成立とその性格─」『岩波講座 天皇と王権を考える1 人類社会の中の天皇と王権』岩波書店
2004年 「ドムス・アウグスタと成立期ローマ帝政」『西洋史研究』新輯第33号
2005年 「『神アウグストゥスの業績録』(Res gestae divi Augsti)の性格と目的」『人文』(学習院大学人文科学研究所)4(2006年3月刊)
2008年 「ローマ帝政初期における過去の記憶の形成と「記憶の断罪」について」『学習院大学文学部研究年報』第55輯(2009年3月20日発行)、43−71頁。
2010年 「世紀競技祭 ludi saeculares とアウグストゥス」 大芝芳弘・小池登編『西洋古典学の明日へ─逸身一郎教授退職記念論文集』知泉書館、333−344頁。
  「ローマ帝国における皇帝権力と地方都市─帝政前期のイタリア地方都市を事例として─」『歴史学研究』No. 872、149−157頁。
2011年 「皇帝アウグストゥスの残した三つの史資料」 学習院大学文学部史学科編『増補歴史遊学』山川出版社、189−203頁。
2013年 「locus celeberrimus─古代ローマにおける記念建造物の設置と元老院決議の公示について」『西洋史研究』新輯42号、1−24頁。

■ひとこと

  なぜ、歴史学を学ぶのでしょうか。これは答えることがなかなか難しい質問です。私自身が職業的歴史研究者になった理由はただ好きだったから、言ってしまえば「若気の至り」だったとしか説明しようがありません。しかし、歴史学を学ぶことが至極面白いことは保証できます。多くの人にとっても、人生すべてをとは言いませんが、その内の何年間を費やすだけの価値はあります。
  歴史を研究することは、まず何よりも、我々の手元に残された史資料から過去の姿を再現し、その成果を他人に説得力を持った形で伝えることである、と考えています。別の言い方をすると、表面的な現象、僅かな手がかりから、我々が直接に認識できない対象の完全な像を眼に見えるような形で描き出すとも言えます。多くの場合(特に私が関心を持っている古代史では)、手がかりは少なく、簡単に対象の像を描くことはできません。したがって、数少ない材料を入念に検討した上で論理的に思考を進めていく必要があります。
  ところで、歴史研究では、同じ史資料を用いて合理的に研究を進めても、結論が違ってくることが間々あります。これは、歴史学(と言うか、人文科学全般)の限界でもあり、また面白いところでもあります。そのような状況の中で、より強い説得力を持ち、長期間にわたり有効な、つまり時の試練に耐えることができる歴史像を造り上げるためには、直接の研究対象を超えた、より大きな全体構造とその中での研究対象の位置付けに関する見通しを持つこと、ある種のバランス感覚が不可欠となります。そのためか、私などは別でしょうが、歴史研究者、特に優れた業績を挙げている研究者にはバランス感覚があり、社会的にも常識のある人物が多いように思います。
  このようにして再現した歴史像を出来るだけ多くの人に伝えて、共有してもらうことも歴史研究の重要な役割です。そのためには、単に結論を感傷的・情緒的に述べるのではなく、論理的に自分が使った材料とそれに基づく思考過程を示し、必要があれば読み手(聞き手)がその全過程を検証することを可能としなければなりません。これは、歴史学にとどまらず、学問研究一般、さらには広く社会で創造的な仕事する際には必須の手続きです。そのための技能(スキル)を歴史学を学ぶ中で身につけることができます。

【私のゼミ(学部)で学ぼうとする皆さんへ】

  私が担当する西洋史演習は、西洋古代史ゼミと呼ばれています。西洋古代史と言えば、まず古代ギリシア・ローマの歴史が対象となります。しかし、学部のゼミでは、その他に古代オリエント、古代ケルト、さらには古い時代のイスラームや植民地化以前のアメリカ大陸の歴史などを勉強している学生などが幅広く参加しています。
  演習に参加する学生には、歴史学の研究が二つの柱、過去の人々が残した様々な史資料と過去の歴史家たちが積み重ねてきた研究(研究史)の二つに支えられていることをいつも強調しています。演習は、これら二つを歴史研究のための道具として使いこなすこと目指して行われます。具体的には、学生が自分の関心分野の最新研究を紹介する報告、参加者全員が同じ史料を読解したり、その史料に関連する研究を読んでいく講読が行われます。各人の報告は主として日本語文献を用い、全員で読むものは古代の史料は英語訳を、研究も英語で書かれたものを主に用います。

【私のゼミ(大学院)で学ぼうとする皆さんへ】

  大学院での西洋古代史ゼミは、基本的には参加者個々人の研究報告とラテン語(ギリシア語)の原典購読からなります。大学院生の研究は、院生各人が責任も持ってテーマを決めて行うものです。ゼミでの報告以外には、適宜、教員の指導や助言を受けつつ、各自のペースで研究を進めていくことになります。
  語学に関しては、大学院入学以前に、少なくともラテン語と古典ギリシア語の文法を修得し、基礎的な読解力を有している必要があります。また現代語については、昨今のグローバリゼーションの影響か、英語で書かれる研究書や論文が著しく増えてはいますが、やはり英語だけでは不十分です。修士論文執筆の段階では、基本的に英・独・仏の三か国語の研究を必要があれば参照できることが必須となります。さらに研究対象によっては、イタリア語、スペイン語などの研究を参照せねばならないこともあり得ます。これらの語学の習得に積極的であることが是非とも必要です。
  修士論文には、世界各国で行われた研究を参照した上で、独自性を持つ研究であることが求められます。多少荒削りであってもオリジナリティを追求することになります。後期課程に進学した場合には、修士論文に基づいて、その内容をさらに推敲して磨きをかけた上で、何本かの論文を専門雑誌等に発表することをまずは目指すことになります。その上で、独自の体系を持つ歴史像を博士論文において築き上げるべく、さらに研究を進めることなります。  
Key words: Ancient Roman History; Late Roman Republic; Early Roman Empire; Augustan Rome; Ancient Roman Family and Politics.


close